福島空港公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島空港公園

福島空港公園 - panoramio.jpg

所在地
座標 北緯37度14分48秒 東経140度25分13秒 / 北緯37.24667度 東経140.42028度 / 37.24667; 140.42028座標: 北緯37度14分48秒 東経140度25分13秒 / 北緯37.24667度 東経140.42028度 / 37.24667; 140.42028
面積 328.6ha[1]
開園 1993年
運営者 公益財団法人 福島県都市公園・緑化協会
事務所所在地 福島県須賀川市田中字関林174-16
公式サイト 福島空港公園

福島空港公園(ふくしまくうこうこうえん)は、福島県須賀川市および玉川村にまたがる場所に位置する県営公園

概要[編集]

名の通り、福島空港に隣接する。公園管理者は、福島県福島空港事務所。1988年に着工し、1993年一部オープン。県のシンボルとなる広域公園として、地域振興、国際交流、地球科学に重点を置いた整備を行っている。

全体で328.6ha[1]が公園として位置づけられており、このうち15.8%にあたる52.1ha[2]が現在までに整備されている。

空港を取り囲む形で3つのエリア[3]のエリアが点在しており、それぞれが数km離れて位置し、駐車場もそれぞれに用意されている。

毎年5月には福島空港と当公園を会場に「春の福島空港まつり」が行われ、ウルトラマンなどのショーやトーイングトラクターが牽くトロッコによるツアーなどが実施される[4]

施設[編集]

エアフロントエリア[編集]

空港ターミナルビルから福島県道63号古殿須賀川線を渡ったところに立地。入口広場、多目的広場、展望広場、見晴し台、日本庭園、売店、管理棟などが配置されている。

  • 入口広場 - 定期的にフリーマーケットが開催される
  • 福島広場 - 福島県の地形を1/3,000で再現した立体地図の広場
  • 日本庭園 - アヤメ園や棚があり、池のほとりには休憩小屋「須玉亭」が建つ
  • 岩園 - 岩場を流れる清流をイメージした庭園
  • 花木園 - ハナミズキ牡丹が楽しめる

野外活動エリア[編集]

旧地球科学エリア[5]。滑走路の南西側に立地。野外活動広場やお花見広場が整備されている。

  • 野外活動広場 - バーベキューや芋煮に利用可能(要予約)
  • お花見広場 - 花見などに利用可能な芝生の広場

フラワーアーケードエリア[編集]

滑走路の西側。施設等は建設されていない。

緑のスポーツエリア[編集]

滑走路の北西側に立地。多目的運動広場は、事実上サッカー場であり、東北社会人サッカーリーグ1部の公式戦が開催されるなどの利用が図られている。他にフットサルコート、テニスコートが整備されている。

  • 21世紀建設館・福島空港公園事務所 - 貸会議室の他、空港建設の資料の展示など
  • かぶと虫観察舎
  • テニスコート - 人工芝
  • 多目的運動広場 - 主にサッカーで利用、天然芝
  • フットサルコート - 人工芝

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]