福敬登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
福 敬登
中日ドラゴンズ #34
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市垂水区
生年月日 (1992-06-16) 1992年6月16日(28歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年3月26日
年俸 2,500万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

福 敬登(ふく ひろと、1992年6月16日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身[2][3]プロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神戸市立小束山小学校[4]軟式野球を始め、神戸市立多聞東中学校[4]では軟式野球部に所属していた[5]。野球部の1年後輩には桜井俊貴がいる[6]

市立神戸西高校では県大会4回戦が最高成績だった。

高校卒業後はJR九州に入社。同社の野球部に所属し小倉駅の駅員を務めていた[7]。野球では1年目から公式戦で登板機会を与えられ、5年目の2015年には速球が最速150km/hを計測するようになった[5]

2015年のNPBドラフト会議にて、中日ドラゴンズから4巡目で指名。契約金5,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した。入団の際には、自身と同じ左投手として、NPB一軍公式戦219勝という実績を残して現役を退いたばかりの山本昌から背番号34を継承することで注目された[8][9]

プロ入り後[編集]

2016年、中日のルーキーで唯一開幕から一軍登録され、2試合目に中継ぎとして初登板。5月7日の対読売ジャイアンツ戦では緊急降板したドリュー・ネイラーの後を投げ、4回2/3を1失点で初勝利[10]

2017年、左肩を痛めた影響で、一軍公式戦では5試合の登板に終わった。11月19日には、左肩の治療へ専念する目的で、支配下選手契約から育成契約へ移行。推定年俸は300万円減の1000万円となった。背番号も234へ変更したが、球団では福が支配下登録選手へ復帰するまで、34を空番として扱う方針を示した[11]

2018年、春季キャンプ開始前日の1月31日付で、NPBから育成選手として公示された[12]。6月5日の二軍戦で実戦復帰。その後は二軍戦で登板を重ね[13]、7月19日に支配下登録選手への復帰が球団から発表された[14]。背番号は再度34を背負った。9月28日の対阪神タイガース戦、4回表二死満塁の場面で一軍復帰登板を果たしたが、制球が定まらず、ストレートの四球で押し出し。続く打者は2球目でサードゴロに仕留めたものの、初球はボール、仕留めた球もボール気味であった。結局一軍登板はこの1試合のみで、「復帰しても、ストライクが入らないピッチャーを雇うわけがない」と福は戦力外通告を覚悟していた。みやざきフェニックス・リーグの最終日に沖縄の秋季キャンプのメンバーに選ばれたことが分かるまで、通告に怯えていたという[15]。推定年俸100万円減の900万円で契約を更改した[16]

2019年3月5日神奈川県秦野市出身で1歳年上の会社員との結婚を発表した[17]。3月のオープン戦で結果を残せず、二軍で開幕を迎えたが、5月3日に一軍登録された[15]。6月20日のセ・パ交流戦、対埼玉西武ライオンズ戦で打線を完全に抑え込んだことが自信につながり[18]、この年のシーズン終盤にはセットアッパーを任されるようになった[19]。自己最多の52試合に登板して、18ホールド、防御率2.05と、チームでは貴重な中継ぎ左腕としてブルペンを支えた[20]。契約更改では1600万円増の推定年俸2500万円でサインした[20]

2020年、開幕直後の6月22日に夫人が第一子となる女児を出産した[21]。この年は7回は祖父江大輔、8回は福、9回はライデル・マルティネスという救援陣による勝ちパターンが確立。9月6日時点、6回終了時点でリードしていればほぼ負けなし(23勝2敗1分)であった[22]。福自身も8月は一度も失点しない好投を披露[23]

人物[編集]

骨太の体格で、がに股気味の投球フォームが山本昌に似ていることから、JR九州への入社当初のニックネームは山本と同じく「マサ」だった[7]

中日への入団会見では、「長年レジェンドとして活躍した山本昌さんの背番号(34)を引き継ぐのは責任が重いけど、マイナスに考えず“やってやるぞ”という気持ち。“無理です”と言うようじゃプロでは通用しない」という表現で、左投手として「山本の後継者」と呼ばれるのにふさわしいほど活躍することを誓った[7]。その一方で、「(JR九州に駅員として勤務する)普段のように案内してください」というリクエストを報道陣から投げ掛けられると、背番号を織り込みながら「博多方面、特急列車ご利用のお客様にご連絡します。特急ソニック34号ご利用のお客様は4番乗り場にお越しください」というマイクパフォーマンスで会見場内の爆笑を誘った[7]

当初「プロ野球選手は他人に頼ってはいけない」「自分で研究して、発見して、スタイルを築くもの」という考えを持っていたが、左肩の怪我での育成契約移行や復帰後の不甲斐ない登板内容で戦力外通告を覚悟した経験から、「もうなりふり構わず、何でも聞こうと思いました」と、2018年オフからは一軍投手コーチの阿波野秀幸に毎日のように会話を交わすようになった。その結果、後述の投球フォームを身に着けている[15]

選手としての特徴[編集]

直球の最速は150km/h。

2018年オフに阿波野との相談の末、セットポジションの際、右足を一塁側に大きく踏み出して構えるフォームになった[15]。その後、2019年シーズン中のセ・パ交流戦で和田毅比嘉幹貴の投球を見学した末に、和田のようにテイクバックを体に隠し、比嘉のように腕を下げ、1足分インステップして投げるフォームになった[15][18]。 このフォームによって、右打者の内角に厳しく投げ込みやすくなったといい、2019年は対右打者相手に被打率.158という結果が出ている。対右打者の被打率は50イニング以上投げた左の中継ぎ投手の中では2位の好成績である[19]。一方で対左打者は被打率.256と打ち込まれており、左打者の内角を突けるスクリューボールツーシームの習得に励んでいる[24][25]

2018年に着用していた背番号234は、2007年にエンリケ・ラミレスが着用していた背番号222を超え、現役選手の背番号としては史上最大である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 中日 27 1 0 0 0 1 2 0 4 .333 186 43.1 42 1 18 0 3 31 2 0 26 23 4.78 1.38
2017 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 27 5.2 8 2 2 0 0 7 0 0 6 5 7.94 1.76
2018 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- 2 0.1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 3.00
2019 52 0 0 0 0 2 0 0 18 1.000 216 52.2 39 3 16 0 2 53 0 0 13 12 2.05 1.03
NPB:4年 85 1 0 0 0 3 2 0 22 .600 431 102 89 6 37 0 5 91 2 0 45 40 3.53 1.79
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2016 中日 27 0 7 0 0 1.000
2017 5 0 2 0 0 1.000
2018 1 0 0 0 0 ----
2019 52 1 9 0 0 1.000
通算 85 1 18 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2016年5月7日、対読売ジャイアンツ5回戦(東京ドーム)、2回表に今村信貴から一塁適時内野安打

背番号[編集]

  • 34 (2016年 - 2017年、2018年7月19日 - )
  • 234 (2018年 - 2018年7月18日)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年1月16日閲覧。
  2. ^ “【中日】ドラ4福、ド緊張でプロ初登板「めちゃくちゃ力みました」”. スポーツ報知. (2016年3月26日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160326-OHT1T50188.html 2017年1月30日閲覧。 
  3. ^ “【中日】福、熊本駅勤務の先輩に物資送る”. スポーツ報知. (2016年4月19日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20160418-OHT1T50178.html 2017年1月30日閲覧。 
  4. ^ a b 中日ドラゴンズ 公式サイト - 選手名鑑 福 敬登(投手)2017年2月1日閲覧。
  5. ^ a b 山本昌宏の背番号34を受け継いだ男、福敬登2017年1月30日閲覧。
  6. ^ “始動初日に2ケタ勝利宣言 巨人ドラ1桜井は“持ってる男””. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2016年1月4日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/172662 2017年1月30日閲覧。 
  7. ^ a b c d 元JR駅員の中日・福 入団会見で爆笑アナウンス - スポーツニッポン(2015年12月12日 08:15配信)
  8. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース ★2015年ドラフト指名選手入団発表 - 2015年12月11日配信
  9. ^ 中日、山本昌の背番号「34」を準永久欠番扱いしなかったことの是非 - THE PAGE(2015.12.12 12:00)
  10. ^ 中日・ドラ4福、緊急登板でプロ初勝利 2016年5月7日 デイリースポーツ(2016年5月7日閲覧)
  11. ^ 福、育成で契約 34番空けて待つ 2017年11月20日 中日スポーツ(2017年12月13日閲覧)
  12. ^ 中日ドラゴンズ 育成選手一覧(2018年度)2018年1月31日 日本野球機構(2018年2月4日閲覧)
  13. ^ 福、復活手応え 9ヶ月振り登板1イニング無失点”. ドラニュース:中日ドラゴンズ. 2019年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月22日閲覧。
  14. ^ 中日・福 育成選手から再び支配下登録 左肩の治療経て「結果を第一に求めてきた」 スポニチアネックス(2018年7月19日)、2018年7月19日。
  15. ^ a b c d e 若狭敬一 (2019年8月21日). ““クビを覚悟した男”中日・福敬登 ヤクルト村上に打たれたホームランで彼は変わった”. 文春オンライン: p. 1. https://bunshun.jp/articles/-/13161 2020年9月21日閲覧。 
  16. ^ “中日福は100万減「岩瀬さんが抜けたので…」”. 日刊スポーツ. (2018年11月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811230000342.html 2020年9月21日閲覧。 
  17. ^ 中日福敬登が結婚「妻のためにも頑張ります」 2019年3月5日 日刊スポーツ(2019年3月5日閲覧)
  18. ^ a b 若狭敬一 (2019年8月21日). ““クビを覚悟した男”中日・福敬登 ヤクルト村上に打たれたホームランで彼は変わった”. 文春オンライン: p. 2. https://bunshun.jp/articles/-/13161?page=2 2020年9月21日閲覧。 
  19. ^ a b “左の変則派リリーバー・‪福敬登‬はなぜ右打者を「制圧」できたのか?:達人に訊け!”. 中日新聞Web. (2020年2月29日). https://plus.chunichi.co.jp/blog/robertsan/article/648/9367/ 2020年9月21日閲覧。 
  20. ^ a b “中日・福 大幅1600万UP2500万円でサイン「抑えて当たり前の投手に」”. Sponichi Annex. (2019年11月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/29/kiji/20191129s00001173244000c.html 2020年9月21日閲覧。 
  21. ^ “【中日】福敬登に第一子の女児が誕生「かわいい娘のためにも一生懸命頑張ります」”. スポーツ報知. (2020年6月26日). https://hochi.news/articles/20200626-OHT1T50112.html 2020年9月21日閲覧。 
  22. ^ “継続した中日の“鉄壁神話” 祖父江、福、Rマルの救援陣安定で6回終了時点にリードしていれば1分け挟んで15連勝”. 中日スポーツ. (2020年9月6日). https://www.chunichi.co.jp/article/116340 2020年9月21日閲覧。 
  23. ^ “8月防御率0.00の中日・福が巨人岡本バットへし折り9試合連続無失点”. 中日スポーツ. (2020年8月30日). https://www.chunichi.co.jp/article/112656 2020年9月21日閲覧。 
  24. ^ “中日・福、山本昌氏直伝「スクリュー」猛特訓 自身の“伝家の宝刀”に”. Sponichi Annex. (2019年12月13日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201911/CK2019110602000108.html 2020年9月21日閲覧。 
  25. ^ “福「左打者の内角えぐる」 Jロッドから伝授のツーシームに磨き”. 中日スポーツ. (2019年11月6日). オリジナルの2019年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191214001705/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201911/CK2019110602000108.html 2020年9月21日閲覧。 

関連項目[編集]