福武電気鉄道デワ1形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福武電気鉄道デワ1形電車
福井鉄道デキ10形電気機関車
デキ10形11(福井新 2006年)
デキ10形11(福井新 2006年)
基本情報
製造所 梅鉢鉄工所
主要諸元
軌間 1,067 mm(狭軌
電気方式 直流600 V架空電車線方式
車両重量 16.7 t
全長 10,328 mm
全幅 2,600 mm
全高 4,200 mm
車体材質 鉄骨木製(一部鋼板張)
台車 C-9
主電動機 直流直巻電動機 SE-131A
主電動機出力 37.5 kW
搭載数 4基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動
歯車比 4.50
制御装置 間接非自動制御
制動装置 SM-3直通ブレーキ
テンプレートを表示

福武電気鉄道デワ1形電車(ふくぶでんきてつどうデワ10がたでんしゃ)は、福井鉄道の前身事業者の一つである福武電気鉄道が1923年大正12年)に導入した電車(電動貨車)である。

沿革[編集]

福武電気鉄道の運営路線(後の福井鉄道福武線に相当)の開業に際して、梅鉢鉄工所にてデワ1・デワ2の2両が新製された。落成当初は木造車体を備える4輪単車であったが、デワ1は福井鉄道発足後の1959年(昭和34年)に2軸ボギー構造に改造され、同時に台枠延長を伴う大規模な車体更新工事が施工された。

更新されなかったデワ2は1969年(昭和44年)に廃車となったが、デワ1はその後も残存し、1979年(昭和54年)に運転台部分の構体の鋼体化、制御方式の直接制御から間接非自動制御への変更、主電動機の増設などの改造を施工して用途を電動除雪車に変更した。同時に車種が従来の電動貨車から電気機関車扱いに変更され、形式称号・記号番号はデキ10形11と改められた。2005年(平成17年)には車体前後の正面部分に「11」の車番標記が追加された。

デキ11は2018年(平成30年)1月1日現在も車籍を有し、主として冬場に車両の前後に除雪用の排雪板が取り付けて赤十字前駅の構内に待機し、軌道区間の除雪作業車として運用される。除雪は主に深夜帯に行われるため利用者が稼働中の姿を見ることは稀であるが、2018年豪雪となったため日中も軌道区間に乗り入れて除雪を行った[1]。同年1月12日には福井市みのり1丁目付近で積雪に乗り上げて脱線したが、当日中に復旧している[2]。福井鉄道は、新たな除雪車として軌陸車の導入を検討しており、福井県も買い替えを支援するための費用を2018年度の当初予算に盛り込んでいる。新たな車両が導入され次第、デキ11は引退する見込み[3]

除雪板非装着状態のデキ11
デキ11の側面


脚注[編集]

  1. ^ 大正生まれのデキ11話題に 福井豪雪で活躍”. 毎日新聞 (2018年2月18日). 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ 除雪車脱線、福鉄最古の電気機関車 1923年製造のデキ11”. 福井新聞 (2018年1月13日). 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ 除雪車「デキ11」引退へ 大正パワー見納め 今季豪雪でもフル回転”. 毎日新聞 (2018年2月27日). 2018年2月27日閲覧。

参考資料[編集]

  • 鉄道ピクトリアル』 鉄道図書刊行会
    • 松原淳 「中京・北陸地方のローカル私鉄 現況7 福井鉄道」 1986年3月臨時増刊号(通巻461号) pp.123 - 128
    • 岸由一郎 「私鉄車両めぐり(155) 福井鉄道」 1996年9月号(通巻626号) pp.50 - 59
    • 大幡哲海・岸上明彦 「III. 車両データ - 2013年度(民鉄車両)」 2014年10月臨時増刊号『鉄道車両年鑑 2014年版』(通巻896号) pp.224 - 245