福永有利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福永 有利(ふくなが ありとし、1935年昭和10年)5月8日 - 2015年平成27年)5月6日)は、日本の法学者。専門は民事訴訟法破産法神戸大学・北海道大学名誉教授同志社大学教授兵庫県加古川市生まれ。従四位瑞宝中綬章[1]。妻は、大阪大学教授(大学院高等司法研究科)の千葉恵美子。門下生に、 成城大学法学部教授の町村泰貴がいる。

経歴[編集]

  • 1954年 - 兵庫県立兵庫高等学校卒業
  • 1958年 - 神戸大学法学部卒業
  • 1960年 - 関西大学法学部助手(神戸大学大学院在籍のまま)
  • 1963年 - 神戸大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学
  • 1972年 - 関西大学法学部教授
  • 1978年 - 広島大学政治経済学部教授(政治経済学部は、後に法学部と経済学部に分離改組)
  • 1981年 - 北海道大学法学部教授
  • 1991年 - 神戸大学法学部教授
  • 1992年 - 北海道大学名誉教授
  • 1999年 - 神戸大学名誉教授・帝塚山大学法政策学部教授
  • 2003年 - 同志社大学法学部教授
  • 2004年 - 同志社大学法科大学院教授

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

  • 民事訴訟法の史的展開:鈴木正裕先生古稀祝賀』(有斐閣、2002年)
  • 『倒産実体法:改正のあり方を探る』(商事法務、2002年)
  • 『注釈民事訴訟法(5)・(6)』(有斐閣、1998年)
  • 『新種・特殊契約と倒産法』(商事法務研究会、1988年)
  • 『当事者』(上田徹一郎)(弘文堂、1984年)

脚注[編集]

  1. ^ 平成27年6月10日官報

関連項目[編集]