福江純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福江 純
(ふくえ じゅん)
生誕 (1956-02-03) 1956年2月3日(63歳)
日本の旗 日本 山口県宇部市
研究分野 相対論的宇宙流体力学
研究機関 大阪教育大学
出身校 京都大学
博士課程
指導教員
加藤正二[1]
主な業績 SFアニメやSF小説のアイデアを天文学の立場から考察
プロジェクト:人物伝

福江 純[2](ふくえ じゅん[2]1956年2月3日[3] - )は、日本の天文学者大阪教育大学教授[2]。専門は相対論的宇宙流体力学[2]理学博士[3]山口県宇部市出身[3]。学部生・院生時代は加藤正二に師事した[1]。息子も天文学・宇宙物理学研究者の福江翼。

天文学者(本人は「天文楽者」を名乗ることもある)としてだけではなく熱心なSFアニメファンとしても有名で、SFアニメやSF小説のアイデアを天文学の立場から考察した著書も多数ある。石原藤夫の主催する「ハードSF研究所」会員でもある。「ハードSF研究所」の広報に発表した〈ラーマに関する一連の考察〉により1992年SFファンジン大賞・研究部門を受賞。

略歴[編集]

著書[編集]

降着円盤・宇宙ジェット関連[編集]

  • 『降着円盤への招待 宇宙の大渦巻をさぐる』(講談社ブルーバックス、1988年)
  • 『銀河にひそむモンスター』(岩波書店、1991年)
    • 文庫版:『銀河にひそむモンスター』(光文社知恵の森文庫、2005年7月)
  • 『宇宙ジェット』(学習研究社、1993年)
  • 『輝くブラックホール降着円盤』(プレアデス出版、2007年11月)

宇宙全般・宇宙科学関連[編集]

  • 『パソコン・シミュレーション ブラックホールの世界 目で視る相対論I』(恒星社厚生閣、1990年1月)
  • 『パソコン・シミュレーション スターボウの世界 目で視る相対論II』(恒星社厚生閣、1991年1月)
  • 『見えない星空への招待 マルチメディア宇宙スペクトル博物館 X線編』(裳華房、1999年11月 栗野論美ほかとの共著)
  • 『パソコン・シミュレーション スペースコロニーの世界 目で視る相対論III』(恒星社厚生閣、2000年11月)
  • 『宇宙が奏でるハーモニー マルチメディア宇宙スペクトル博物館 電波編』(裳華房、2000年11月 栗野論美ほかとの共著)
  • 『天空からの虹色の便り マルチメディア宇宙スペクトル博物館 可視光編』(裳華房、2001年11月 栗野論美ほかとの共著)
  • 『活動する宇宙』(裳華房、1999年12月 柴田一成ほかとの共編)
  • 『<見えない宇宙>の歩き方』(PHP新書、2003年8月)
  • 『最新宇宙学』(裳華房、2004年5月 栗野論美ほかとの共編)
  • 『最新天文小辞典』(東京書籍、2004年6月)
  • 『ブラックホールは怖くない ブラックホール天文学基礎編』(恒星社厚生閣、2005年11月)
  • 『宇宙旅行ガイド 140億光年の旅』(丸善、2006年1月、パリティ編集委員会との共編)
  • 『ブラックホールを飼いならす ブラックホール天文学応用編』(恒星社厚生閣、2006年6月)
  • 『宇宙はどこまで明らかになったのか 太陽系の誕生から第二の地球探し、ブラックホールシャドウ、最果て銀河まで』(ソフトバンククリエイティブ、2007年6月、栗野論美との共著)
  • 『輝くブラックホール降着円盤 降着円盤の観測と理論』(プレアデス出版、2007年11月)
  • 『光と色の宇宙』(京都大学学術出版会、2007年12月)
  • 『そこが知りたい☆天文学』(日本評論社、2008年5月)
  • 『カラー図解でわかるブラックホール宇宙』(ソフトバンククリエィテブ サイエンス・アイ新書、2009年7月)
  • 『完全独習 現代の宇宙論』(講談社、2013年10月)
  • 『完全独習 現代の宇宙物理学』(講談社、2015年6月)
  • 『14歳からの天文学』(日本評論社、2017年7月)
  • 『絵でわかる宇宙の誕生』(講談社、2018年9月)

物理全般[編集]

相対論・アインシュタイン関連[編集]

  • 『ぼくだってアインシュタイン』(全4巻、岩波書店、1994年4月 - 7月 北原菜里子画)
  • 『アインシュタインの宿題』(大和書房、2000年7月)
    • 文庫版:『アインシュタインの宿題』(光文社知恵の森文庫、2003年9月)
    • 新書版:『「超」入門 相対性理論』(講談社ブルーバックス、2019年2月)
  • 『となりのアインシュタイン』(PHPエディターズグループ、2004年5月 長崎訓子画)
  • 『100歳になった相対性理論 アインシュタインの宇宙遺産』(講談社、2005年2月)

SF・アニメ関連[編集]

  • 『SFを科学する』(講談社ブルーバックス、1987年10月 石原藤夫との共著)
  • 『SFアニメを天文する』(日本評論社、1993年12月)
    • 文庫版:『SFアニメの科学』(光文社知恵の森文庫、2002年6月15日)
  • 『SF天文学入門(上・下)』(裳華房、1997年)
  • 『やさしいアンドロイドの作り方』(大和書房、1996年2月)
    • 文庫版:『SFはどこまで可能か?』(扶桑社空想科学文庫、2004年6月)
  • 『シネマ天文楽入門』(裳華房、2006年11月)
  • 『近未来入門!』(メディアファクトリー ナレッジエンタ読本、2007年11月 あさのあつことの共著、カサハラテツロー画)
  • 『SFアニメを科楽する』(日本評論社、2010年3月)
  • 『空想ライトノベル読本』(メディアファクトリー空想科学文庫、2010年11月)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 福江純. “日本の天文学者の系図”. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 「ブラックホールで一般相対理論を検証」、『日経サイエンス』第45巻第12号、日経サイエンス社、2015年12月1日、 94頁。
  3. ^ a b c 日外アソシエーツ編 『新訂現代日本人名録2002』 日外アソシエーツ、2002年1月28日、62頁。 
  4. ^ 博士論文書誌データベース