福浦港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福浦灯台
旧福浦灯台

福浦港(ふくらこう、ふくらみなと)は、石川県羽咋郡志賀町(旧富来町)にある地方港湾。かつては福良津福良泊とも呼ばれていた。

概要[編集]

能登半島の西端に位置。入り江が「北湾」、「南湾」に別れている。奈良時代に、遣唐使渤海使が出航し、江戸時代以降も重要な港として、能登文化の中心になった。

最近は利用する船舶の減少が続いていたが、好漁場まで近距離にあることを生かし、漁業の根拠港の役割を果たしている。能登半島国定公園景勝地能登金剛も近い。

灯台[編集]

港の灯台には福浦灯台が使用されている。

かつては日本最古の木造灯台である旧福浦灯台が使用されていた。

関連項目[編集]