福田みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

福田 みどり(ふくだ みどり、1929年昭和4年) - 2014年平成26年)11月12日)は、作家司馬遼太郎夫人で、司馬没後は、司馬遼太郎記念財団理事長に就いた。大阪府出身。旧姓・松見。

人物[編集]

  • 大阪樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大学)卒業後、1949年(昭和24年)産経新聞社に入社し、まず「こども大阪」(タブロイド判、週刊、後に廃刊)を担当、後に文化部に移動。婦人欄担当記者として活躍した(最初は料理記事を担当)。
  • 1959年(昭和34年)に同じ産経新聞社の記者だった福田定一(後の作家司馬遼太郎、翌1960年(昭和35年)に直木賞を受賞)と結婚する。
  • 1964年(昭和39年)に同社を退社後は、夫を終生支え続けた。
  • 1996年(平成8年)2月の司馬の死去をうけ、同年11月1日に司馬遼太郎記念財団を創設。
  • 2014年(平成26年)11月12日、心不全のため死去[1]。85歳没。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福田みどりさんが死去 司馬遼太郎氏の夫人 産経west 2014年11月12日