福田圭晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

来歴[編集]

小学生時代はテレビでツール・ド・フランスを観ていたりはしていたものの、剣道レーシングカートなどのスポーツをしており、自転車競技とは無縁だった。しかし、中学1年生の時にプロロードレーサーの山本雅道が経営するバイシクルファクトリーヤマモトの門を叩きチームBFYレーシングに加入し自転車競技を始めた。 そして自転車競技を始めると自転車競技に没頭するようになり1年目にして全国ジュニア自転車競技大会の中学生5位に入った。

翌年には実業団登録を行い実業団レースで2勝、ジャパンカップサイクルロードレースのチャレンジレースでも優勝し、夏にはチームユーラシアのサイクリングアカデミーによりベルギーのレースにも出場した。

2016年には自転車競技強豪校の横浜高等学校に入学。この年は実業団レースは1勝に留まったものの毎戦着実にポイントを稼ぎJユースツアー総合優勝を果たした。また前年と同じく夏にはチームユーラシアのサイクリングアカデミーによりベルギーのレースにも出場し、ブラッススガートで行われたU17のレースでは8位に入り、ステージレースのウェストフラーンデレン・サイクリングツアーでは第1ステージで13位、第3ステージでは14位に入り総合成績は57位だった。また9月に韓国で行われたツール・ド・DMZでは神奈川県代表に選出された。

主な戦績[編集]

2014年

  • 全国ジュニア自転車競技大会 中学生5位

2015年

2016年

  • 第50回 高石杯関東地域自転車道路競争大会 中学生2位
  • JBCF 群馬CSCロードレース Day2 Yクラス 優勝
  • JBCF 鴨川クリテリウム E1 2組 4位
  • 全日本自転車競技選手権大会男子タイムトライアルU17 4位
  • JBCF 西日本ロードクラシック広島大会 Day2 Yクラス 2位
  • ブラッススガート 8位
  • ウェストフラーンデレン・サイクリングツアー
    • 第1ステージ 13位、第3ステージ 14位
    • 個人総合57位
  • ツール・ド・DMZ
    • 第3ステージ 12位
    • 個人総合26位
  • 第58回全日本自転車競技選手権大会ロードレース

 男子 U-17 2位