福田民部少輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福田 民部少輔(ふくだ みんぶのしょう、? - 天正14年7月27日1586年9月10日))は、戦国時代から安土桃山時代の武将。筑後の豪族高橋氏の家臣。民部少輔は官途名であり、通称は不詳。

生涯[編集]

高橋氏の重臣であった福田氏の一流だと推測される。その生涯は不明点が多く、最期となった岩屋城の戦いでの奮戦が知れるのみである。1586年岩屋城の戦いでは城の大手口である虚空蔵砦を守備。最前線で奮戦し、攻め寄せる島津忠長指揮する島津軍を徹底的に撃退する。攻防半月を過ぎると疲労困憊、そして負傷者続出により戦力が低下し、虚空蔵砦は突破され、福田民部少輔も討死した。