福田祐典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福田 祐典(ふくだ ゆうすけ)は、日本厚生労働技官医学博士医師国立精神・神経センター精神保健研究所所長、厚生労働省大臣官房技術総括審議官厚生労働省健康局長などを歴任した。

人物・経歴[編集]

長野県松本市水汲町出身。1985年筑波大学医学専門学群卒業[1]医師免許取得[2]厚生省入省。1990年ピッツバーグ大学公衆衛生大学院修了、公衆衛生学修士。長年保健医療行政に携わり、2006年には論文「アンケート調査から把握されたライフスタイルと健康診断による検査結果との関連」により昭和大学博士(医学)の学位を取得[3][4]

保険局医療課企画官、山梨県健康増進課長宮崎県福祉保健部長国際協力機構技術審議役、法務省矯正医療管理官等を経て、2009年社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課長。2013年国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所所長[3]。2015年医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部長。2016年技術総括審議官。2017年から健康局長を務め[1]受動喫煙対策のための健康増進法改正などにあたった[5][6]。2018年茨城県保健福祉部顧問[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「厚労次官に蒲原氏」 日本経済新聞 2017年7月4日
  2. ^ [1]厚生労働省 Ministry of Health, Labour and Welfare
  3. ^ a b 市民公開シンポジウム国立精神・神経医療研究センター
  4. ^ 昭和大学 , 博士(医学), 乙第2467号, 2006年3月23日
  5. ^ 望まぬ受動喫煙防止が出発点‐福田健康局長が会見 薬事日報 2017年8月3日
  6. ^ 「厚労省、健康局長をセクハラで戒告 食事に…特定の女性職員にメール400」 産経新聞
  7. ^ ○県女性プラザ館長及び県顧問について 茨城県


先代:
三宅智
厚生労働省生活衛生・食品安全部長
2015年 - 2016年
次代:
北島智子
先代:
伊澤章
厚生労働省技術・国際保健総括審議官
2016年 - 2017年
次代:
山本尚子
先代:
福島靖正
厚生労働省健康局長
2017年 - 2018年
次代:
大島一博