福田雅章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福田 雅章(ふくだ まさあき、1938年7月22日 - )は、日本法学者弁護士。専門は犯罪学刑事政策一橋大学名誉教授

一橋大学法学部教授、カリフォルニア大学バークレー校客員教授、子どもの権利に関する国連特別総会日本政府代表団顧問等を歴任。

人物[編集]

安楽死、受刑者問題、死刑、少年法、治安政策、子供の権利などについて独創的な研究を多くした。実践的行動も多く、一連のオウム真理教事件に関連して、当事者に会いに行き、テレビでも多く発言、一橋大学の刑法講座に信者を招くなどの活動をした。また子どもの権利条約に関する活動も多く、国連特別総会日本政府代表団顧問なども務めた。子どもの権利の自己決定論的解釈を批判し、関係論的解釈を主張する。

植松正に研究者になることを勧められ大学院に進学した。指導学生に水谷規男大阪大教授、李茂生国立台湾大学教授、本庄武一橋大学教授[1]葛野尋之一橋大教授、王雲海一橋大教授[2]など。

学歴[編集]

職歴[編集]

社会的活動[編集]

  • 1996年 第1回子どもの権利条約 市民・NGO報告書を作る会代表(~1998年)
  • 2000年 第2回子どもの権利条約 市民・NGO報告書を作る会代表
  • 2000年 子どもの権利に関する国連特別総会日本政府代表団顧問
  • 2002年 Defence for Children International(DCI)ジュネーブ本部理事

著作[編集]

  • 『刑事法学の総合的検討』有斐閣、1993(編著)
  • 『子どもの人権を考える』第三文明社、1997(編著)
  • 『日本の社会文化構造と人権』明石書店、2002
  • 『「こどもの権利条約」絵事典』PHP研究所、2005(共著)

脚注[編集]

関連項目[編集]