福知山公立大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
福知山公立大学
Univ-of-Fukuchiyama-2016042901.jpg
遠望
大学設置 2016年
創立 1871年
学校種別 公立
設置者 福知山市
本部所在地 京都府福知山市堀3370
北緯35度17分3.9秒 東経135度7分42.1秒 / 北緯35.284417度 東経135.128361度 / 35.284417; 135.128361座標: 北緯35度17分3.9秒 東経135度7分42.1秒 / 北緯35.284417度 東経135.128361度 / 35.284417; 135.128361
学部 地域経営学部
情報学部
ウェブサイト http://www.fukuchiyama.ac.jp/
テンプレートを表示

福知山公立大学(ふくちやまこうりつだいがく、英語: The University of Fukuchiyama)は、京都府福知山市堀3370に本部を置く日本公立大学である。2016年に設置された。大学の略称は福公大。

正門
体育館(成美学園から借用)[1]
食堂(芙蓉ホール)
新町商店街にあるまちかどキャンパス 吹風舎

概要[編集]

北近畿(京都府北部・兵庫県北部)で唯一の四年制大学である。地域経営学部(地域経営学科・医療福祉経営学科)と情報学部(情報学科)の2つ学部を持つ大学である[2]。現在、大学院は有していないが、2024年度に修士課程の設置を目指すことが発表された[3]

私立の成美大学(旧・京都創成大学)(学校法人成美学園)として開学したが、2016年(平成28年)4月に公立化して福知山公立大学が開学した[4][5]。運営は地方独立行政法人の公立大学法人福知山公立大学(設置者は福知山市)。

1871年(明治4年)に創設された愛花草舎、1921年(大正10年)に設立された成美女子学院、1924(大正13年)に設置された福知山商業高校、1941年(昭和16年)に設置された福知山高等商業学校、1950年(昭和25年)に設置された山陰短期大学(1956年に京都短期大学に、2010年に成美大学短期大学部に改称)、2000年(平成12年)に設置された京都創成大学(2010年に大学名が成美大学へ改称[6])を前身とする。

沿革[編集]

  • 1871年(明治4年) 西垣尭民により愛花草舎が創設される。塾頭に西垣尭民、老子にその父である西垣堯欽が就任。
  • 1877年(明治10年) 西垣成美塾と改称。
  • 1910年(明治43年) 西垣成美黌(學)となる。
  • 1921年(大正10年) 成美女子学院設立。
  • 1924年(大正13年) 運営主体が財団法人福知山成美会となり、福知山商業学校を設置。
  • 1941年(昭和16年) 福知山高等商業学校を設置。
  • 1944年(昭和19年) 戦時下における文科系専門学校の整理統合により福知山工業専門学校へと改組され、在校生は松山経済専門学校へ移籍。
  • 1948年(昭和23年) 学制改革により福知山商業学校を福知山商業高等学校に改組。
  • 1950年(昭和25年) 新学制により山陰短期大学(商科)を設置。
  • 1951年(昭和26年) 財団法人福知山成美会を学校法人成美学苑に改称。
  • 1956年(昭和31年) 山陰短期大学(商科)を京都短期大学(商経科)に改称。
  • 1958年(昭和33年) 福知山実業高等学校を設置。
  • 1964年(昭和39年) 福知山実業高等学校を廃止。
  • 1968年(昭和43年) 京都短期大学に家政科を増設。
  • 1970年(昭和45年) 京都短期大学の家政科を食物栄養専攻、被服専攻に専攻分離。
  • 1982年(昭和57年) 京都短期大学の家政科被服専攻を家政専攻に改称。
  • 1987年(昭和62年) 京都短期大学の家政科家政専攻を生活文化専攻に改称。
  • 1997年(平成9年) 京都短期大学の家政科生活文化専攻を生活福祉専攻に改称。
  • 2000年(平成12年)
    • 京都短期大学の商経科を改組転換し、京都創成大学(経営情報学部経営情報学科)として開学。
    • 京都短期大学家政科を生活福祉科に改称。
    • 京都短期大学生活福祉専攻を介護福祉専攻に改称。
    • 福知山商業高等学校を福知山成美高等学校に改称。
  • 2001年(平成13年) 京都短期大学の商経科を廃止。
  • 2007年(平成19年)
    • 京都創成大学経営情報学部の経営情報学科をビジネスデザイン学科に改称。この学科名は関西初だった。
    • 京都創成大学経営情報学部に医療福祉マネジメント学科を新設。
  • 2010年(平成22年)
    • 成美大学に改称。
    • 京都短期大学を成美大学短期大学部に改称。
    • 学校法人成美学苑を学校法人成美学園に改称。
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 短期大学部生活福祉科の介護福祉専攻を廃止。
    • 福知山女子高等学校を廃止。
    • 大学定員を100人に削減。
  • 2013年(平成25年)
    • 大学定員を80人に削減。
  • 2014年(平成26年)
    • 大学定員を60人に削減。
  • 2015年(平成27年)
    • 短期大学部生活福祉科の食物栄養専攻を募集停止。2017年3月廃止予定。
    • 福知山市議会が公立化(開学予定2016年4月)に向けた関連議案を可決[8]
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日 - 福知山公立大学に移行。設置者が福知山市、運営法人が公立大学法人福知山公立大学となる。設置学部は地域経営学部、設置学科は地域経営学科および医療福祉マネジメント学科となる。
  • 2017年(平成29年)
    • 3月31日 - 併設していた成美大学短期大学部を閉校[9]
    • 4月1日 - 医療福祉マネジメント学科の名称を医療福祉経営学科に変更[10]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月28日 - 大学基準協会の大学認証評価において適合判定を受ける。
    • 5月13日 - 新町商店街にまちかどキャンパス 吹風舎を設置[11]
  • 2020年(令和2年)
    • 4月1日 -情報学部情報学科を設置[12]
    • 4月1日-附属機関として北近畿地域連携センターと市民学習・キャリア支援センターを再編し、北近畿地域連携機構を設置[13]
  • 2021年(令和3年)
    • 4月1日 -附属機関として地域防災研究センターを設置[14]。マサチューセッツ工科大学(MIT)のアーバン・リスク・ラボとの共同研究スタート[15]

成美大学時代の経営状況改善に向けた取り組み[編集]

私立の成美大学時代、経営状況が悪化し、上述のように2010年度末に大学基準協会の大学認証評価において不適合判定を受けるなどしていた。 そこで2011年度から新体制で改革に着手し、周辺自治体等との連携[16][17][18][19][20]を活かした実地フィールドワーク[21][22][23][24][25][26]や学外活動への取組[27]、地元企業とのタイアップ企画[28][29]、地域振興に関する研究機関の設立[30][31]、国際交流の推進[32]等を展開、教育面でも基礎演習(1-2年生)教員二人担当制の導入[33]等の改善策を実施してきた。学生数は2015年5月現在で156名であり、[34]定員割れの為とはいえ、結果的に徹底した少人数教育を実践していた。

大学関係者[35][編集]

福知山公立大学
  • 井口和起 - 学長(文学。元京都府立大学学長)
  • 矢口芳生 - 副学長(農業経済学) (地域経営学部)
  • 倉田良樹(地域経営学部長・教授:労働社会学)
  • 渋谷節子(地域経営学科長・教授:多文化共生論、国際フィールドワーク
  • 神谷達夫(医療福祉経営学科長・教授:メディア情報工学)
  • 井上直樹(教授:パブリックガバナンス)
  • 岡本悦司(教授:地域医学)
  • 亀井省吾(教授:企業経営)
  • 川島典子(教授:社会福祉)
  • 澤口聡子(教授:小児社会医学)
  • 鄭年皓(教授:経営科学)
  • 谷口知弘(教授:コミュニティデザイン) 
  • 中尾誠二(教授:農村振興) 
  • 藤島光雄(教授:自治体政策法務)
  • 山田篤(教授:情報処理)
  • 大谷杏(准教授:生涯学習)
  • 加藤好雄(准教授:マーケティング)
  • 佐藤恵(准教授:医療情報)
  • 杉岡秀紀(准教授:公共政策・地方自治)
  • 星雅丈(准教授:地域医療福祉) 
  • 三好ゆう(准教授:地方財政)
  • 佐藤充(助教:地域産業)
  • 張明軍(助教:インバウンド観光)
(情報学部)
  • 西田豊明(情報学部長:人工知能) 
  • 倉本到(教授:エンタテインメント情報学)
  • 黄宏軒(教授:人工知能)
  • 齋藤達弘(教授:ファイナンス)  
  • 田中克己(教授:データベース)
  • 松山江里(教授:知覚情報学)
  • 山本吉伸(教授:サービス工学) 
  • 衣川昌宏(准教授:情報セキュリティ) 
  • 崔童殷(准教授:感性工学)
  • 橋田光代(准教授:音楽情報科学) 
  • 畠中利治(准教授:データサイエンス) 
  • 畠中理英(准教授:信号処理)
  • 渡邉扇之介(准教授:応用数学)
  • 河合宏紀(講師:ヒューマンインタラクション) 
  • 藤井叙人(講師:ゲーム情報学) 
  • 前田一貴(講師:応用数学)
  • 眞鍋雄貴(講師:ソフトウェア工学) 
(特命教授)
  • 芦田信之(元福知山公立大学教授)
  • 塩見和広
  • 篠原正人(元福知山公立大学教授)
  • 福島貞道(元京都市職員)
  • 横山泰昭(地域防災研究センター長。元福知山市危機管理監)
(客員教授)
  • 板倉宏昭(東京都立大学産業技術大学院大学教授)
  • 菊藤明道(元京都創成大学教授)
  • 熊川寿郎(元国立保健医療科学院医療・福祉サービス研究部部長)
  • 三好祐輔(東京都立産業技術大学院大学教授)
  • 劉鳳(中国西南交通大学教授)
(名誉教授)
  • 富野暉一郎(元福知山公立大学副学長)
  • 平野真(元福知山公立大学地域経営学部長・教授)
  • 矢口芳生(元福知山公立大学地域経営学科長・教授)
  • 芦田信之(元福知山公立大学医療福祉経営学科長・教授) (元教員)
  • 塩見直紀(元福知山公立大学特任准教授。半農半X提唱者)

著名な出身者[編集]

教育研究組織[編集]

学部[編集]

  • 地域経営学部
    • 地域経営学科
      • 公共経営系
      • 企業経営系
      • 交流観光系
    • 医療福祉経営学科 - 2017年4月に医療福祉マネジメント学科を改称[10]
  • 情報学部
    • 情報学科
      • 人間・社会情報学領域
      • データサイエンス領域
      • ICT領域[36]

京都創成大学および成美大学の時代には、以下の学部・学科が置かれていた。

  • 経営情報学部
    • 経営情報学科(2000年4月の開学時より)
    • ビジネスデザイン学科(経営情報学科を改組。2007年4月より)
      • 公共経営コース
      • 経営コース
    • 医療福祉マネジメント学科(2007年4月設置)

附属機関[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大学基準協会 福知山公立大学に対する大学評価(認証評価)結果(PDF)、10頁-11頁。2019年3月24日閲覧。
  2. ^ 組織”. 福知山公立大学. 2021年1月9日閲覧。
  3. ^ 両丹日日新聞:大学院設置や新キャンパスなど意見交換 福知山公立大学将来計画有識者会議 | ニュース”. www.ryoutan.co.jp. 2021年6月20日閲覧。
  4. ^ 公式サイト > 公立化関連情報
  5. ^ 大学名等の変更届出一覧(平成27年度届出分)(平成28年4月登録) - 文部科学省 2016年4月10日閲覧
  6. ^ 大学等の名称変更届出一覧(公私立大学)(平成22年5月登録) -
  7. ^ 成美大学に対する大学評価(認証評価)結果”. 2013年8月22日閲覧。「学生の受け入れ」「研究環境」「教員組織」「管理運営」「財務」「情報公開・説明責任」の諸項目において問題があるという指摘がなされた。
  8. ^ “成美大の公立化 特色づくり、再生の鍵に”. 両丹日日新聞. (2015年9月29日). http://www.ryoutan.co.jp/news/2015/09/29/009643.html 2015年10月6日閲覧。 
  9. ^ a b 成美大学短期大学部閉校式のお知らせ”. 成美大学短期大学部. 2017年4月2日閲覧。
  10. ^ a b 医療福祉マネジメント学科の学科名称変更のお知らせ”. 福知山公立大学 (2017年4月1日). 2017年4月2日閲覧。
  11. ^ 福知山公立大学まちかどキャンパス「吹風舎(ふくちしゃ)」 福知山公立大学、2018年4月26日
  12. ^ 情報学部”. 福知山公立大学. 2021年1月9日閲覧。
  13. ^ 福知山公立大学 北近畿地域連携センター Kita-re(キターレ)”. 福知山公立大学 北近畿地域連携センター Kita-re(キターレ). 2021年1月9日閲覧。
  14. ^ 福知山公立大学地域防災研究センターを開設しました”. 福知山公立大学. 2021年6月20日閲覧。
  15. ^ 両丹日日新聞:AIを活用し災害対応 福知山市と公立大が米国МITと共同研究 | ニュース”. www.ryoutan.co.jp. 2021年6月20日閲覧。
  16. ^ “8首長、異例勢ぞろい 成美大案内”. 京都新聞. (2011年7月30日). http://archive.is/LUtEG 2014年6月14日閲覧。 
  17. ^ 朝来市(兵庫県)と観光の振興に関する包括連携協定を結びました”. 成美大学 (2011年10月25日). 2011年11月8日閲覧。
  18. ^ 養父市(兵庫県)と地域の魅力づくりに関する包括連携協定を結びました”. 成美大学 (2011年11月4日). 2011年11月8日閲覧。
  19. ^ “府北部振興で連携機構 府・7市町・8大学”. 京都新聞. (2012年4月10日). http://www.peeep.us/a6673631 2013年8月22日閲覧。 
  20. ^ “食も農も知る人材育成へ 成美大と京都府立農業大学校が連携協定”. 両丹日日新聞. (2012年4月26日). http://www.ryoutan.co.jp/news/2012/04/26/005088.html 2012年5月5日閲覧。 
  21. ^ 卒業研究ゼミで、「水源の里」(京都府綾部市老富地区)に行きました!”. 成美大学 (2011年5月18日). 2011年9月30日閲覧。
  22. ^ 兵庫県豊岡市「出石町・奥山」第30回ホタル祭に本学学生が参加しました”. 成美大学 (2011年6月29日). 2011年9月30日閲覧。
  23. ^ “福知山の観光地「よそ者」視点で評価 成美大生が調査”. 京都新聞. (2011年11月10日). http://www.peeep.us/27765381 2013年8月22日閲覧。 
  24. ^ 養父市「明延」フィールドワークを実施しました”. 成美大学 (2011年11月29日). 2011年12月7日閲覧。
  25. ^ 経営構想論で城崎温泉に行ってきました!”. 成美大学 (2011年12月8日). 2011年12月13日閲覧。
  26. ^ “京阪神からも参加し毛原の棚田で手植え 新組織が体験会引き継ぎ”. 両丹日日新聞. (2012年5月14日). http://www.ryoutan.co.jp/news/2012/05/14/005150.html 2012年5月15日閲覧。 
  27. ^ “被災地のカップルに結婚式を 成美大の学生らがプロジェクト”. 両丹日日新聞. (2011年6月10日). http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/06/10/003773.html 2011年9月30日閲覧。 
  28. ^ “成美大とKTRが連携 観光振興で府北活性化めざす”. 両丹日日新聞. (2011年10月21日). http://www.ryoutan.co.jp/news/temp/2011-10/21-index.html 2011年10月27日閲覧。 
  29. ^ 北近畿タンゴ鉄道≪野田川駅≫で、植栽のボランティアを行いました”. 成美大学 (2011年12月5日). 2011年12月7日閲覧。
  30. ^ “体験・交流観光 課題探れ 成美大が研究所開設”. 京都新聞. (2011年10月13日). http://www.47news.jp/photo/292751.php 2013年8月22日閲覧。 
  31. ^ “スポーツ観光セミナー”. あんどう新聞ブログ版. (2011年11月2日). http://andoayabe.exblog.jp/16773877/ 2011年11月25日閲覧。 
  32. ^ 韓国の国立済州大学と協定を結びました”. 成美大学 (2011年9月22日). 2011年10月3日閲覧。
  33. ^ 成美大学は力強く進化しています”. 成美大学 (2011年9月20日). 2011年9月30日閲覧。
  34. ^ 公式サイト > 大学案内 > 教育情報 > 収容定員・在学生数
  35. ^ 教員等紹介”. 福知山公立大学. 2021年1月9日閲覧。
  36. ^ 福知山公立大学情報学部