福知山市佐藤太清賞公募美術展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福知山市佐藤太清賞公募美術展(ふくちやましさとうたいせいしょうこうぼびじゅつてん)は福知山市福知山市佐藤太清記念美術館が主催する絵画日本画公募展である。管理・運営事務局はファイル21。

概要[編集]

京都府福知山市出身の佐藤太清は、1992年文化勲章を受章した日本画家である[1]。佐藤は生前、自らの画業のみならず後進の育成に心血を注いだ[2]。福知山市はその佐藤の功績を称えると同時にその志を受け継ぐために開始されたのが佐藤の名を冠する当公募美術展であり、公式サイトによれば「21世紀の芸術文化を担う人材の育成」を目的としており、高校生から大学生にかけての年齢層を中心とした絵画作品の一般公募美術展覧会である[2]

第1回は佐藤存命中の2002年に開催された[注釈 1]

福知山市での授賞式後に5会場を巡回する。

応募作品は全国から集まり、毎年、様々な経歴を持つ受賞者があらわれる事から、美術界では若手の登竜門として注目されている。

2008年より、アークヒルズにおいて受賞者作品のパネル展示を行っている。

主な審査員[編集]

絵画に関わる専門家が各分野から集まり審査が行われる。

巡回展会場[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 佐藤太清死没は2004年11月6日[1]
出典
  1. ^ a b 東京文化財研究所:「佐藤太清」(2015年12月14日)、2018年7月20日閲覧。
  2. ^ a b "作品募集要項". 佐藤太清賞公募美術展. 2010年7月. 2018年7月20日閲覧. 

関連項目[編集]