福知山駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福知山駐屯地
所在地 京都府福知山市字天田無番地
座標 北緯35度17分20秒
東経135度07分30秒
駐屯地司令 第7普通科連隊長 兼務
主要部隊 第7普通科連隊
ほか
開設年 1950年(自衛隊)
テンプレートを表示

福知山駐屯地(ふくちやまちゅうとんち、JGSDF Camp Fukuchiyama)は京都府福知山市字天田無番地に所在し、第7普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

最寄の演習場は、長田野演習場。駐屯地司令は、第7普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

日本陸軍

日本国有鉄道

警察予備隊

  • 1950年(昭和25年)
    • 12月5日:警察予備隊若竹部隊(606名)が仙台市より移駐。
    • 12月6日:仙台市から榴ヶ岡部隊(1,268名)が移駐完了し、第504施設大隊等で警察予備隊福知山駐屯部隊が発足[1]
  • 1951年(昭和26年)
    • 5月1日:第903輸送車両中隊が福知山駐屯地で新編。
    • 7月5日:第200仮会計隊第3分遣隊が発足。
  • 1952年(昭和27年)
    • 1月5日:第510施設大隊が福知山駐屯地から豊川駐屯地に移駐し、第1施設大隊に、従来の第1施設大隊は第510施設大隊にそれぞれ改編[2]
    • 1月19日:普通科第7連隊本部及び第1大隊が岡山県水島駐屯地から移駐。
    • 6月25日:第7連隊第14中隊が舞鶴駐屯地から移駐。

保安隊

  • 1952年(昭和27年)10月15日:保安隊へ移管[3]
    1. 福知山駐屯地管理隊、福祉隊が編成完結。
    2. 第200仮会計隊第3分遣隊が第35駐屯地会計隊福知山分遣隊に改称。
  • 1953年(昭和28年)
    • 9月1日:第35駐屯地会計隊福知山分遣隊が第35会計隊本部に改称。
    • 12月22日:福知山臨時警務分遣隊が編成完結。

陸上自衛隊

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[4]
    • 7月3日:福知山駐屯地管理隊、福祉隊を廃止。
    • 7月4日:福知山駐屯地業務隊が編成完結。
    • 7月10日:第35会計隊本部が第349会計隊に改称。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:第332固定無線隊が第332重無線隊に改称。
  • 1960年(昭和35年)1月14日:中部方面隊発足。
    1. 福知山駐屯地業務隊が中部方面総監隷下に編入。
    2. 警務分遣隊が第333警務隊(福知山駐屯地)と改称。
  • 1962年(昭和37年)1月18日:管区隊が師団編成となり駐屯していた第7連隊第1大隊及び直轄部隊をもって第7普通科連隊として編成完結[5]
  • 1973年(昭和48年)
    • 3月27日:警務隊改編により、第115地区警務隊福知山連絡班となる。
    • 4月21日:警務隊福知山連絡班が第115地区警務隊福知山派遣隊と改称。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第115地区警務隊福知山派遣隊が第131地区警務隊福知山派遣隊と改称。
  • 2015年(平成27年)3月26日:会計隊の改編により、第349会計隊が廃止、第352会計隊福知山派遣隊が設置。

駐屯部隊[編集]

第3師団隷下部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

特徴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 陸上自衛隊 福知山駐屯地”. www.mod.go.jp. 2020年4月18日閲覧。
  2. ^ 『第一管区隊史 保安隊編』保安隊第一管区総監部、1958年。
  3. ^ 国立公文書館 デジタルアーカイブ”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2020年2月8日閲覧。:保安庁法施行令及び保安庁職員給与法施行令の一部を改正する政令(昭和27年政令第437号)
  4. ^ 国立公文書館 デジタルアーカイブ”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2020年2月8日閲覧。:自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)
  5. ^ 第3師団だより 第6号 ウンチク駐屯地 ~福知山駐屯地~ (PDF)

参考文献[編集]

  • 福知山駐屯地創立40周年記念誌(福知山駐屯部隊・1990年)