福禄州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福禄州(ふくろくしゅう)は、ベトナムにかつて存在した唐代に現在のハティン省一帯に設置された。

概要[編集]

663年龍朔3年)、唐の智州刺史の謝法成が昆明・北楼などの獠族7000あまりの集落を帰順させた。669年総章2年)、福禄州が置かれてかれらを住まわせた。742年天宝元年)、福禄州は福禄郡と改称された。757年至徳2載)、福禄郡は唐林郡と改称された。758年乾元元年)、唐林郡は福禄州の称にもどされた。福禄州は嶺南道安南都護府に属し、柔遠唐林の2県を管轄した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志四