福部インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福部インターチェンジ
所属路線 E9 山陰近畿自動車道
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0009.svg
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道265号標識
福部 鳥取砂丘
起点からの距離 0.0km(福部IC起点)
鳥取IC(事業中)
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0009.svg国道9号
鳥取県道43号鳥取福部線
鳥取県道265号湯山鳥取線
供用開始日 2014年3月22日
通行台数 x台/月
所在地 689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山
テンプレートを表示

福部インターチェンジ(ふくべインターチェンジ)は鳥取県鳥取市福部町湯山にある山陰近畿自動車道インターチェンジである。

歴史[編集]

  • 2014年(平成26年)3月22日 : 福部IC - 岩美IC間開通[1]。ただし、この時点では、国道9号(福部方面)・鳥取県道265号湯山鳥取線鳥取砂丘方面)から岩美・豊岡方面への入口が未供用であった[2]
  • 2014年(平成26年)4月24日 : 国道9号(福部方面)・鳥取県道265号湯山鳥取線(鳥取砂丘方面)から岩美・豊岡方面への入口が供用開始[3]
  • 2017年(平成29年)4月1日 : 山陰近畿自動車道に並行する国道9号現道の管理が国土交通省から鳥取県へ移管されたことに伴い、接続する道路のうち、国道9号(福部方面)が鳥取県道43号鳥取福部線に変更された[4]

道路[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E9 山陰近畿自動車道
(9)鳥取IC - 計画路線 - 福部IC - 大谷IC(鳥取方面出入口)

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【山陰近畿自動車道】 駟馳山バイパスが、平成26年3月22日(土)に開通します。 〜因幡圏域の悲願!交通の難所がいよいよ解消〜 (PDF)”. 国土交通省鳥取河川国道事務所 (2014年1月24日). 2014年11月9日閲覧。
  2. ^ 【山陰近畿自動車道】 駟馳山バイパス開通前日から国道9号(福部町湯山)の通行形態が変わります。 (PDF)”. 国土交通省鳥取河川国道事務所 (2014年3月17日). 2014年11月10日閲覧。
  3. ^ 山陰近畿自動車道 福部ICから岩美IC方面への乗り入れが4月24日(木)午前6時より可能になります (PDF)”. 国土交通省鳥取河川国道事務所 (2014年4月18日). 2014年11月10日閲覧。
  4. ^ 一般国道9号の一部区間が国道から県道に変わります (pdf)”. 国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所 (2017年3月30日). 2017年3月31日閲覧。

関連項目[編集]