秀明自然農法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秀明自然農法(しゅうめいしぜんのうほう)とは、世界救世教の創始者岡田茂吉が提唱した自然農法思想に基づく農法で、1992年に神慈秀明会の会主が信者に呼びかけたことから始まった[1]

2005年8月現在、神慈秀明会の信者約1200人が秀明自然農法を実施している[1]

無化学肥料・無農薬栽培以外の特徴としては、自家採種や連作などがある[1]。また、遺伝子組換え生物にも反対し[2]、生物多様性と環境保全も目指している[3]

月刊「現代農業」2011年2月号にて、自家採種にこだわる秀明自然農法の記事が掲載された[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c 外園信吾、大原興太郎、2006、「現代農業における「秀明自然農法」の意義―実践農家の技術と経営を通して」、『農林業問題研究』42巻1号 pp. 54-59
  2. ^ コラム 特定非営利活動法人 秀明自然農法ネットワーク
  3. ^ 環境保全と生物多様性 特定非営利活動法人 秀明自然農法ネットワーク
  4. ^ 記事のアーカイヴ >月刊 現代農業>2011年2月号>タネ採りしてできた病害虫に強い品種