私の中の微風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
私の中の微風
岡村孝子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース Takako Okamura
Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 アルバム 年表
夢の樹
1985年
私の中の微風
1986年
Andantino a tempo
1987年
『私の中の微風』収録のシングル
テンプレートを表示

私の中の微風』(わたしのなかのびふう)は、岡村孝子の通算2作目のオリジナルアルバム。1986年7月2日発売。発売元はファンハウス(現・ソニー・ミュージックレーベルズ)。

解説[編集]

収録曲のうち、ほとんどがソロ・デビュー後に作られた楽曲で製作されたというアルバム。全オリジナル・アルバムのうち、前作『夢の樹』(1985年10月19日)発表からのインターバルが9ヶ月というのは、岡村のキャリアのうち最短である。

2枚目のシングル「今日も眠れない」(1986年1月22日)、本田技研工業HONDA トゥデイCMソングに使用されてスマッシュ・ヒットとなった3枚目のシングル「はぐれそうな天使」(1986年3月20日)を収録している。また、4枚目のシングル「夏の日の午後」が本アルバムと同時発売された。シングルB面曲も同じく収録曲の「美辞麗句」。なお、「夏の日の午後」は本アルバム収録音源とシングル収録音源ではミキシングが異なっている。

ジャケット写真はカメラマン・佐藤奈々子(クレジットは Nanaco Sato)が撮影したもの。まっすぐ正面を見据えたカメラ目線が特徴的であるが、佐藤に「撮影というのはカメラ対あなたとの勝負よ」と言われたことがとても印象に残っている、と岡村自身がパーソナリティを務めたラジオ番組で語ったことがある。ちなみに、あみん時代を含め、カメラ目線のレコード・ジャケットは本作品以前にはあまりなかった。

「ひとりごと」ではアレンジピアノ演奏で岡村自身が参加している。編曲を担当したのも、歌・コーラス以外で演奏に参加したのも、全作品中、現時点でこの曲のみである。

2001年6月20日には、価格を改定したリニューアル盤が再発売された(規格品番:FHCF-2512)。

収録曲[編集]

  1. 見送るわ(5:31)
  2. 微風(5:06)
  3. 美辞麗句(5:23)
  4. 夏の日の午後(4:49)
  5. はぐれそうな天使(4:06)
  6. Baby, Baby(4:42)
    • 2003年開催のコンサートでは、アコースティック・バージョンで披露された。
    • 上記ヴァージョンが好評につき、同様アレンジで29thシングル「心のフレーム」(2004.8.25)に収録された。
  7. ラスト・シーン(4:50)
    • 8thシングル「Believe」に、1987年のツアーで演奏されたライブ音源が収録されている。
  8. ひとりごと(3:13)
  9. 今日も眠れない(4:17)
    • 2ndシングル。
作詞・作曲: 岡村孝子(M-5のみ 作詞: 来生えつこ、作曲: 来生たかお
編曲: 田代修二 M-1・2・3・4・6・7 、船山基紀 M-5 、岡村孝子・田代修二 M-8 、萩田光雄 M-9

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3rdシングル「はぐれそうな天使」のB面曲「ひとりぼっちの心を抱きしめて」(補作詞: 中庭とし江)や32ndシングル「銀色の少女」(作詞: さだまさし)など、作詞のみ関わっていない楽曲はある。