私をくいとめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
私をくいとめて
著者 綿矢りさ
発行日 2017年1月6日
発行元 朝日新聞出版
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

私をくいとめて』(わたしをくいとめて)は、綿矢りさによる小説、及びそれを原作とする日本映画2017年1月6日朝日新聞出版から刊行されたのち、2020年2月7日に文庫化された。

2020年12月18日に実写映画版が公開[1]第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部⾨出品作品[2]

あらすじ[編集]

黒川みつ子は、いわゆる“おひとりさま”生活を満喫している32歳。周囲の干渉が耳に届かないわけではないが、自分の行動も悩みも、迷いが生じた時は脳内にいる『相談役「A」』に相談する。「A」はいつでもみつ子の味方で、傷つけることも孤立させることもしない。正しいアンサーを選択してくれる「A」と一緒にこの先も心地よい“おひとりさま”が続くのだと思っていたのだが、ある日、年下の営業マン・多田くんに恋をした。アラサーの自分から年下の男性にアプローチすることに戸惑いつつも、きっと両想いに違いないと信じて自分の意志で一歩踏み出すことにする。

書誌情報[編集]

  1. 私をくいとめて(2017年1月6日、朝日新聞出版ISBN 978-4-022-51445-5)
  2. 私をくいとめて(2020年2月7日、朝日文庫ISBN 978-4-022-64949-2)

映画[編集]

私をくいとめて
Hold Me Back
監督 大九明子
脚本 大九明子
原作 綿矢りさ
製作 谷戸豊(企画・プロデュース)
永井拓郎
中島裕作
矢野義隆
製作総指揮 福家康孝
出演者 のん
林遣都
臼田あさ美
若林拓也
前野朋哉
山田真歩
中村倫也
片桐はいり
橋本愛
音楽 高野正樹
撮影 中村夏葉
編集 米田博之
制作会社 RIKIプロジェクト
製作会社 『私をくいとめて』製作委員会
配給 日活
公開 日本の旗 2020年12月18日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2020年12月18日公開。監督・脚本は大九明子、主演はのん[3][4]

のんと橋本愛は2013年のNHK連続テレビ小説あまちゃん』で親友役を演じて以来、7年ぶりの共演となる[5]第33回東京国際映画祭のTOKYOプレミア2020で、2020年11月5日及び11月7日にワールドプレミア上映された[6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日文庫 / 朝日新聞出版刊)
  • 監督・脚本:大九明子
  • 音楽:高野正樹
  • 劇中歌:大滝詠一君は天然色」(THE NIAGARA ENTERPRISES.)[11]
  • 製作:鳥羽乾二郎、多湖慎一、與田尚志、永田勝美、川村岬、竹内力
  • エグゼクティブプロデューサー:福家康孝
  • 企画・プロデュース:谷戸豊
  • プロデューサー:永井拓郎、中島裕作、矢野義隆
  • アソシエイトプロデューサー:福嶋更一郎、菅谷英智
  • ラインプロデューサー:氏家英樹
  • 撮影:中村夏葉
  • 照明:常谷良男
  • 美術・装飾:作原文子
  • 録音:小宮元
  • 編集:米田博之
  • 音響効果:岡部泰輝
  • CG / VFX:高橋良明
  • 衣装:宮本茉莉
  • ヘアメイク:清水美穂
  • 助監督:成瀬朋一
  • 制作担当:原田博志
  • 宣伝プロデューサー:滝口彩香
  • 制作プロダクション:RIKIプロジェクト
  • 企画協力:猿と蛇
  • 製作幹事・配給:日活
  • 製作:『私をくいとめて』製作委員会

受賞[編集]

  • 第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020部門観客賞 / 東京都知事賞[12]

脚注[編集]

  1. ^ のん×林遣都、綿矢りさ原作『私をくいとめて』2020年冬公開決定! のん「ニヤニヤしながら読みました」”. ぴあ (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  2. ^ 上映作品【私をくいとめて】”. 第33回東京国際映画祭 (2020年9月29日). 2020年9月29日閲覧。
  3. ^ のん、林遣都に恋する“崖っぷち”ヒロインに 綿矢りさ氏『私をくいとめて』実写映画化”. ORICON NEWS (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  4. ^ のん×林遣都×大九明子監督 脳内に相談役が“爆誕”した女性を描く、綿矢りさ「私をくいとめて」映画化”. 映画.com (2020年7月22日). 2020年7月22日閲覧。
  5. ^ のん×橋本愛、相思相愛対談!綿矢りさ原作の『私をくいとめて』で7年ぶりの共演を果たしたふたりの胸中は?”. 集英社 (2020年12月8日). 2020年12月26日閲覧。
  6. ^ TOKYOプレミア2020『私をくいとめて』Hold Me Back]”. 第33回東京国際映画祭 10.31-11.9. 2020年10月6日閲覧。
  7. ^ a b 作品情報/映画「私をくいとめて」”. 株式会社エイガ・ドット・コム. 2020年10月20日閲覧。
  8. ^ イケボの主は中村倫也だった!『私をくいとめて』イベントでサプライズ発表”. シネマトゥデイ (2020年12月19日). 2020年12月19日閲覧。
  9. ^ のん&林遣都共演『私をくいとめて』特報映像解禁 臼田あさ美、片桐はいり、若林拓也が出演”. ORICON NEWS (2020年9月16日). 2020年9月29日閲覧。
  10. ^ “橋本愛がのんと親友役で再共演!「私をくいとめて」メイキング写真と本予告到着”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年10月20日). https://natalie.mu/eiga/news/401327 2020年10月20日閲覧。 
  11. ^ 大瀧詠一「君は天然色」が、5.1chサラウンドのニューミックスで12/18公開の映画『私をくいとめて』劇中歌に決定!!”. ジェイタメ (2020年10月20日). 2020年10月20日閲覧。
  12. ^ 第33回東京国際映画祭 観客賞は『私をくいとめて』!”. 第33回東京国際映画祭 10-31-11-09. 2020年10月17日閲覧。