私立育英学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

私立育英学校(しりついくえいがっこう)は、神奈川県中郡金目村に存在した私立学校であり、中郡立中郡農業学校の後身、神奈川県立秦野高等学校の前身である。

歴史[編集]

明治5年(1872年4月の元小田原藩藩校県学校文武館の閉鎖を契機とする同年4月の共同学校の創立、1874年(明治7年)11月の同校の廃止とそれに伴う小田原師範学校への改称、1876年(明治9年)6月30日の同校内の中等科設置、1879年(明治12年)5月24日横浜師範学校への統合による小田原師範学校の廃止、1879年(明治12年)10月の足柄上郡足柄下郡大住郡淘綾郡津久井郡愛甲郡による六郡共立小田原中学校の創立と旧師範学校施設の引き継ぎ、1880年(明治13年)2月の津久井郡脱退による五郡共立小田原中学校への改称、同校の大住郡への移転問題に起因する1884年(明治17年)7月の同校の廃校、1886年(明治19年)5月、大住郡、淘綾郡、足柄上郡が同校を大住郡金目村へ誘致したことによる三郡共立学校の創立、1896年(明治29年)4月の大住郡、淘綾郡合併による二郡共立学校への改称、1898年(明治31年)4月、足柄上郡脱退による中郡共立学校への改称[1]1900年(明治33年)3月の郡制改正施行による中郡立中郡学校への改称、国の実業教育政策に応じる形での1902年(明治35年)4月の中郡立中郡農業学校の開校、1908年(明治41年)4月、同校の平塚町達上西畑向原移転による神奈川県立農業学校(現神奈川県立平塚農業高等学校)の開校、以上の経緯により本校は以下の経緯で創立された。

存続中であるがいずれ廃校となる郡立農業学校を中郡有志が引き継ぐために、1909年(明治42年)3月、南金目村村長猪俣松五郎と後に本校初代校長となる太田澄三郎(当時第二開成中学校校長)が同校校舎を無償借用した。そして同年4月、本校は中郡有志により3年制の私立学校として創立された。また本校は郡立農業学校が1910年(明治43年)に廃校となるまで、同校と共存した。

その後、本校は以下の経緯をたどった。本校は授業料、郡による補助、関係町村による補助等により経営されたが、郡制が1923年大正12年)4月より廃止されることになり、郡による補助を受けられないことになった。これにより前年の1922年(大正11年)頃には本校経営は困難となる見通しとなった。このことを契機に本校を組合立の5年制の中学校とする動きがはじまった。さらに翌1923年(大正12年)9月1日関東大震災発生により本校校舎が全壊した。同年10月16日、本校の授業は本校教頭飯久保義学が住職を務める大磯妙大寺で再開された。1924年(大正13年)1月10日、本校校舎が改築され、本校所在地での授業が再開された。そして同年6月17日、本校の理事者会議で本校は同年3月に廃校となったこと、および同年4月から大根村土沢村金目村旭村金田村秦野町により中郡六カ町村組合立育英学校が創立されたことが決議された(同会議覚書第1、2条)[2]

略歴[編集]

  • 1872年(明治5年)4月 - 県学校文武館閉鎖。共同学校開校。
  • 1874年(明治7年)11月 - 共同学校廃止。小田原師範学校と改称。
  • 1876年(明治9年)6月 - 同師範学校内に中等科設置。
  • 1879年(明治12年)5月 - 同師範学校廃止。横浜師範学校に統合。
  • 1879年(明治12年)10月 - 足柄上下大住淘綾津久井愛甲6郡連合の中学校設置が許可される。
  • 1879年(明治12年)11月 - 小田原師範学校の施設を引き継ぎ、六郡共立小田原中学校開校。
  • 1880年(明治13年)2月 - 津久井郡が脱退。五郡共立小田原中学校と改称。
  • 1884年(明治17年)7月 - 五郡共立小田原中学校廃校。
  • 1885年(明治18年) - 同校を大住郡に誘致するための大住淘綾足柄上3郡の三郡共立学校設立の出願が許可される。
  • 1886年(明治19年)5月 - 旧五郡共立中学校が大住郡に誘致され、三郡共立学校開校(秦野高校草創年)。
  • 1893年(明治26年)5月 - 金目小学校新築移転により同校舎買収。三郡共立学校移転。
  • 1896年(明治29年)4月 - 大住郡、淘綾郡合併により中郡、足柄上郡共立の二郡共立学校と改称。
  • 1898年(明治31年)4月 - 足柄上郡が脱退。中郡共立学校と改称。
  • 1899年(明治32年)7月 - 新校舎を南金目村に新築。同校移転。
  • 1900年(明治33年)3月 - 郡制改正施行により、中郡立中郡学校と改称。
  • 1902年(明治35年)4月 - 国の実業教育政策に応じる形で中郡立農業学校開校。農業科設置。
  • 1903年(明治36年) - 県農業会、県立農業学校設立を建議。
  • 1908年(明治41年)4月 - 神奈川県への移管により神奈川県立農業学校創立(現平塚農業高校創立年)。平塚町達上ヶ丘に移転。郡立農業学校も存続。
  • 1909年(明治42年)3月 - 郡立農業学校を引き継ぐため、猪俣松五郎らにより同校舎、無償借用される。
  • 1909年(明治42年)4月 - 郡立農業学校舎を利用し、本校創立。
  • 1910年(明治43年) - 郡立農業学校廃校。
  • 1923年(大正12年)4月 - 郡制廃止。郡による補助金、打ち切られる。
  • 1923年(大正12年)9月 - 関東大震災発生。校舎全壊。
  • 1923年(大正12年)10月 - 大磯妙大寺にて授業再開。
  • 1924年(大正13年)1月 - 本校舎改築。本校にて授業再開。
  • 1924年(大正13年)3月 - 本校廃校。
  • 1924年(大正13年)4月 - 秦野町、金目村他6町村による中郡六カ町村組合立育英学校創立。

行事[編集]

後身校にも引き継がれている行事として、特に遠足と修学旅行をあげることができる。

遠足は震災年を除いて1年生、2年生で行われた。行き先は県内の他静岡県であった。

修学旅行は3年生で行われた。行き先は日光であった[3]


進路状況[編集]

本校は中郡の中等教育の要請をみたしてきた。だが3年制であることから以下のような進路状況がみられた。

2年生修了時点で中学校3年に転入する者や専門学校に入学するもの、3年生修了時点で中学校4年生に転入する者や専門学校に入学する者があった。中学校に転入する場合、逗子開成中学校が最も多かったが、東京開成中学校への転入もみられた[4]

主な出身者[編集]

三郡共立学校から中郡立中郡農業学校までの出身者

私立育英学校の出身者

  • 中村新治(政治家。秦野町町長)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秦野高等学校公式サイト・概要・1.沿革によると、中郡共立学校への改称は1896年(明治29年)であるが、神奈川県立秦野高等学校『秦野高等学校史』(ぎょうせい、1986年)巻末年表にしたがった。
  2. ^ 以上は、秦野高等学校史・前掲・4-77頁、小田原高校公式サイト・学校沿革平塚農業高校公式サイトによった。なお理事者会覚書は、秦野高等学校史・前掲・76-77頁に収録。
  3. ^ 秦野高等学校史・前掲・84頁三浦雪保談。
  4. ^ 秦野高等学校史・前掲・62-63頁。
  5. ^ 秦野高等学校史・前掲・48頁では「衆議院議員に当選した福井準三」と表記されているが、衆議院、参議院編『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』(大蔵省印刷局、1990年)では「福井準造」と記載されている。そして他に該当する議員の記録がないため、氏名の表記は後者にしたがった。