秋保鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋保鉱山(あきうこうざん)とは、かつて宮城県仙台市太白区にあった鉱山である。江戸時代に開山され新川鉱山として銅を採掘。明治時代から1950年代にかけて、秋保鉱山として開発され鉱石である黄鉄鉱黄銅鉱などを採掘していた。最盛期には300人ほどの抗夫がいた。鉱床は、グリーンタフ変動(約2000万年前)に伴い生成された硫化鉱床。

現在でもボタ山(ズリ)の一部が残っており、ズリの中から鉱物採集を行う愛好者が時折訪れる(現地は危険な箇所もあるので、自己責任で)。

最寄り駅[編集]