秋元克広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋元 克広
あきもと かつひろ
生年月日 (1956-02-02) 1956年2月2日(63歳)
出生地 日本の旗 北海道夕張市
出身校 北海道大学法学部
前職 地方公務員(札幌市)
札幌市副市長
所属政党 無所属
称号 法学士
公式サイト 秋元克広公式サイト

当選回数 2回
在任期間 2015年5月2日 - 現職
テンプレートを表示

秋元 克広(あきもと かつひろ、1956年(昭和31年)2月2日 - )は、日本政治家北海道札幌市長(2期)。元札幌市役所職員。

概要[編集]

北海道夕張市生まれ[1]北海道夕張北高等学校北海道大学法学部商法経済法ゼミ)卒業[1]1979年(昭和54年)、札幌市役所に入庁[1]2004年(平成16年)企画調整局情報化推進部長、2008年(平成20年)南区長2009年(平成21年)市長政策室長をそれぞれ務め、2012年(平成24年)に副市長に就任。2014年(平成26年)9月1日、同市の経済人有志から2015年(平成27年)の札幌市長選挙への出馬要請を受け、9月5日上田文雄市長に辞表を提出し、副市長を辞任した[2]上で、9月16日に立候補する意向を表明した[3]

2015年(平成27年)4月12日投開票の札幌市長選では、民主党(現:立憲民主党国民民主党)・維新の党の推薦及び新党大地社会民主党市民ネットワーク北海道の支持を受けた他、自由民主党橋本聖子参議院議員森喜朗首相らも秋元への支持を表明した[4]。選挙戦では政策面で上田文雄市政の継承を掲げ、自民党推薦の本間奈々ら4人の対立候補を破り、初当選した[5]2019年4月の市長選では立憲・国民両党と新党大地から推薦を受けたほか、自民党・公明党の地方組織と社民党からも支持を受け、共産党推薦の新人を破り再選を果たした[6][7]

脚注[編集]

関連項目[編集]