秋元喬求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秋元喬求
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年(1716年
死没 延享元年2月26日1744年4月8日
改名 彦七(幼名)→喬求
戒名 誠心院殿義由知貫大居士
墓所 群馬県前橋市総社町総社の光巌寺
官位 従五位下、越中
幕府 江戸幕府
武蔵川越藩
氏族 戸田氏秋元氏
父母 父:戸田忠余、養父:秋元喬房
兄弟 喬求戸田忠盈戸田忠寛木下俊胤
正室:秋元喬房の娘
逵朝
養子:凉朝

秋元 喬求(あきもと たかもと)は、武蔵川越藩の第3代藩主。

生涯[編集]

享保元年(1716年)、下野宇都宮藩戸田忠余の長男として生まれる。享保12年(1727年)閏1月16日に従伯父の川越藩主秋元喬房の婿養子として迎えられ、享保15年(1730年)12月18日に従五位下・越中守に叙位・任官する。元文3年(1738年)、喬房の死去により家督を継いだ。

寛保2年(1742年)4月3日、家督を養子の凉朝に譲って隠居した。延享元年(1744年)2月26日に死去。享年29。