秋元富朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秋元 富朝
時代 江戸時代前期
生誕 慶長15年(1610年
死没 明暦3年6月17日1657年7月27日
改名 長丸(幼名)→富朝
別名 掃部(通称)
戒名 清厳院殿雲山元伯大居士
墓所 群馬県前橋市総社町総社の光巌寺
官位 従五位下、越中
幕府 江戸幕府
甲斐谷村藩
氏族 秋元氏
父母 父:秋元泰朝、母:大河内秀綱の娘
兄弟 富朝忠朝
正室:有馬直純の娘
娘(戸田忠昌正室)
養子:秋元喬知

秋元 富朝(あきもと とみとも)は、江戸時代前期の大名甲斐谷村藩の第2代藩主。館林藩秋元家3代。

生涯[編集]

総社に生まれる。寛永11年12月30日1635年2月17日)、越中守に叙任される。寛永19年12月14日1643年2月2日)、父秋元泰朝の死去により家督を継ぐ。富朝は富士山の雪代の出水によって流出する田畑を守るため、赤松数万本を植林した(諏訪森)。これは現在も国有林として伝えられており、富朝の唯一の遺業とも言われている。

明暦3年6月17日1657年7月27日)、48歳で死去した。外孫の喬知が養子となって跡を継いだ。