秋元義久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秋元義久
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄8年6月2日1565年6月29日
別名 通称:小次郎
氏族 秋元氏
父母 父:秋元義政(一正)?

秋元 義久(あきもと よしひさ)は、戦国時代武将上総国小糸城[1]主。小糸城は別名、秋元城。

秋元氏宇都宮氏の流れを汲み、臼井荘(現在の千葉県白井市)を根拠としていた鎌倉御家人の秋元太郎左衛門尉勝光(詳細は秋本寺の記述も参照)や譜代大名となった秋元長朝の同族であるといわれている。地理的関係から里見氏の影響下にあった。

永禄6年(1563年)、第二次国府台合戦(前半戦)で里見氏が敗れると、北条氏康の命を受けた千葉胤富らの攻撃を受けるようになる。更に小糸城の西にあった里見氏当主・里見義弘の居城佐貫城が北条軍に奪われると孤立無援に陥った。

義久は激しく抵抗したものの、永禄8年(1565年)6月2日、ついに小糸城は陥落して義久は戦死した。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の千葉県君津市