秋元長朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秋元長朝
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文15年(1546年
死没 寛永5年8月29日1628年9月26日
別名 孫四郎、通称:孫三郎
戒名 江月院殿巨岳元誉大居士
墓所 群馬県前橋市総社町総社光巌寺
官位 越中
幕府 江戸幕府
主君 上杉憲盛氏憲徳川家康秀忠
上野総社藩
氏族 秋元氏
父母 父:秋元景朝
母:上杉憲政養女・妙耕院(古幡良家娘)
泰朝、小笠原某室、渋川某室

秋元 長朝(あきもと ながとも)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名館林藩秋元家初代。

生涯[編集]

はじめ庁鼻和上杉氏に仕えた。天正18年(1590年)の豊臣秀吉小田原征伐のとき、主君の氏憲小田原城に籠もったため、長朝もこれに従って北条方に与して深谷城を守備した。長朝は攻め寄せる豊臣軍を相手に奮戦し、よく城を持ちこたえたが、本城小田原城の開城に伴い、敵将前田利家浅野長政の猛攻を察知して、杉田因幡と謀って開城し深谷を兵火から守った。その後しばらくは隠棲していたが、文禄元年(1592年)に井伊直政の推挙を受けて徳川家康の家臣となり、直政配下として上野国惣社に所領を与えられた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、戦前に上杉景勝詰問の使者として会津に赴いた。戦後も家康の命で再び会津に赴いて景勝に降伏を勧め、これを受け入れさせた。この功績により、1万石の所領を与えられて大名となった。慶長9年(1604年)、利根川から引水するという治水工事に大きな成功を収め、所領の収穫を倍増させた。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣にも従軍して功を挙げた。元和8年(1622年)、嫡男・泰朝に家督を譲って隠居し、寛永5年(1628年)に死去した。享年83。