秋吉貴雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秋吉 貴雄(あきよし たかお、1971年昭和46年)- )は、日本の政治学者中央大学法学部教授商学博士[1]

公共政策学政策科学について主に研究をしている。

経歴[編集]

1971年、大分県で生まれる[1]2000年一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学[1]2003年熊本大学法学部助教授、2007年同大学大学院社会文化科学研究科准教授、2011年同研究科教授[2]2013年より中央大学法学部教授[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『公共政策の変容と政策科学 - 日米航空輸送産業における2つの規制改革』有斐閣、2007年、ISBN 9784641162877
  • 『入門 公共政策学 : 社会問題を解決する「新しい知」』中公新書、2017年、ISBN 9784121024398

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『入門 公共政策学』著者紹介欄より
  2. ^ “秋吉 貴雄” (日本語). KAKEN. https://nrid.nii.ac.jp/ja/nrid/1000050332862/ 2018年11月11日閲覧。