秋吉 (焼き鳥)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 秋吉グループ本部
Akiyoshi Group Honbu Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
919-0321
福井県福井市下河北町5-30
設立 1982年昭和57年)10月19日
業種 サービス業
法人番号 8210001000152
事業内容 焼き鳥を中心とした外食チェーンの運営
代表者 代表取締役社長 片岡常男
資本金 1,000万円
従業員数 350名(平成28年現在)
外部リンク https://www.akiyoshi.co.jp/
テンプレートを表示

秋吉(あきよし)は、福井県福井市に本部を置く株式会社 秋吉グループ本部傘下の企業が展開する焼き鳥チェーン。

看板などに「やきとりの名門」と銘打っている。

概要[編集]

秋吉の発祥となった福井片町店(福井県福井市)、現在は創業地とは異なる場所に店舗を構えている。

1959年昭和34年)6月、福井市呉服町(現在の福井市順化二丁目)に開店したわずか四坪の個人営業の店舗からスタートした。2017年時点、福井県を中心に16都府県に109店舗を展開する。焼き鳥の他、串カツをはじめとする揚げ物、一品料理を提供する。焼き鳥はほとんどのメニューが「5本単位」で注文するスタイルとなっている。

ヨーロッパ軒アトム8番らーめんなどとともに、1970年代には既に福井県(8番らーめんは石川県を拠点に北陸地方3県)の広範囲で展開し現存する数少ない外食チェーンのひとつで、県内では持ち帰り専門店、移動店舗によるスーパーマーケット駐車場での販売やイベント出店などで見かける機会も少なくない。

福井市は焼き鳥の1世帯当たり年間支出額(総務省の調査による)が県庁所在地と政令指定都市の全52市中青森市に次ぐ2位となっており、焼き鳥好きの県民性の傾向がうかがえるが、秋吉はその一翼を担っているとも報じられている[1]

2012年に福井市下河北町に新工場を建設して福井市・勝山市にあった5つの工場を集約し、本社を福井市光陽から移転した[2]

客からいただいた御代で給料が賄われているという理由から、店の客は「社長」または「お嬢ちゃん」と呼ばれている[3]

出店地域[編集]

詳細は公式サイトの店舗紹介を参照。

福井県
福井市、敦賀市大野市勝山市鯖江市あわら市越前市坂井市永平寺町
福井県外の日本国内進出地域
東京都神奈川県山梨県石川県富山県長野県新潟県静岡県愛知県滋賀県京都府大阪府兵庫県広島県愛媛県

店舗数は大阪府大阪市が最多、福井市、東京都特別区を含めた3地域では各10店舗以上営業。基本的には市街地展開(福井県では代行運転が発達しているためバイパス沿いのロードサイド店もあり)

関連会社[編集]

  • 株式会社秋吉(福井県福井市光陽)
  • 株式会社秋吉グループ東京本部(東京都豊島区西池袋
  • 株式会社秋吉グループ大阪本部(大阪府大阪市北区曽根崎
  • 株式会社秋吉グループ四国本部(愛媛県松山市三番町)
  • 有限会社秋吉フーズ(福井県福井市下河北町)
  • 株式会社福吉食品(福井県福井市光陽)

出典[編集]

関連項目[編集]