秋季東京都高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秋季東京都高等学校野球大会(しゅうきとうきょうとこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、東京都で開催されている高校野球の地区大会である。

概要[編集]

各年の大会名は「(元号)○年度秋季東京都高等学校野球大会」。本大会の結果は翌年春の選抜高等学校野球大会出場校選出の重要な参考資料となる。また、優勝校は明治神宮野球大会への出場権を得る。都内の全ての高校が地区別に分かれずにトーナメントで戦うため、全国高等学校野球選手権大会の東東京及び西東京大会では対戦のない組み合わせが生じる。なお、1948年から1955年までは、本大会優勝校が秋季関東大会に出場していたが、1956年に東京地区として独立した。

大会結果[編集]

  • 枠表記は明治神宮大会優勝校
年度 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考
1948年 明治 -
1949年 慶應義塾 4 - 3 立教
1950年 明治 リーグ戦 荏原
1951年 日大三 リーグ戦 早大学院
1952年 早稲田実 リーグ戦 明治
1953年 早稲田実 2 - 1 明治
1954年 立教 5 - 3 早稲田実
1955年 日大三 7 - 3 日大二
1956年 早稲田実 6 - 0 日大一
1957年 早稲田実 3 - 1 明治
1958年 日大二 1 - 0 日大三
1959年 法政一 4x - 3 日大三 延長10回
1960年 日大二 4 - 2 法政一
1961年 日大三 6 - 3 日大一
1962年 日大一 3 - 1 早稲田実
1963年 日大三 7 - 1 佼成学園
1964年 荏原 5 - 0 明治
1965年 佼成学園 4 - 3 国士舘
1966年 桜美林 7 - 0 修徳
1967年 日大三 2 - 1 佼成学園
1968年 荏原 4 - 1 堀越
1969年 日大三 2x - 1 帝京商工 延長12回
1970年 日大三 4 - 1 堀越
1971年 日大桜丘 3x - 2 日大三
1972年 桜美林 1x - 0 日大一
1973年 日大三 12 - 6 堀越
1974年 堀越 4 - 2 帝京
1975年 修徳 16 - 4 日大三
1976年 早稲田実 3 - 1 桜美林
1977年 早稲田実 3 - 2 帝京
1978年 国学院久我山 4 - 0 修徳
1979年 二松学舎大付 2 - 1 帝京
1980年 早稲田実 3 - 0 桜美林
1981年 早稲田実 8 - 4 二松学舎大付
1982年 帝京 4 - 3 桜美林
1983年 岩倉 3 - 2 法政一
1984年 国学院久我山 4 - 3 帝京
1985年 帝京 3 - 2 関東一
1986年 帝京 9 - 7 関東一
1987年 堀越 6 - 2 早稲田実
1988年 帝京 14 - 0 岩倉
1989年 帝京 10 - 8 関東一
1990年 国士舘 8 - 6 帝京
1991年 帝京 8 - 3 堀越
1992年 世田谷学園 8 - 7 国士舘
1993年 拓大一 20 - 6 東海大菅生
1994年 創価 5 - 3 帝京
1995年 帝京 8 - 6 国士舘
1996年 東海大菅生 4 - 2 国士舘
1997年 国士舘 5 - 4 創価
1998年 日大三 8 - 4 駒大高
1999年 国士舘 4 - 0 創価
2000年 日大三 7 - 6 桜美林
2001年 日大三 6 - 3 二松学舎大付 延長10回
2002年 国士舘 8 - 3 世田谷学園
2003年 二松学舎大付 7 - 2 関東一
2004年 修徳 7 - 1 日大豊山
2005年 早稲田実 4 - 3 東海大菅生
2006年 帝京 6 - 2 桜美林
2007年 関東一 9 - 5 国士舘
2008年 国士舘 3 - 1 早稲田実
2009年 帝京 13 - 1 東海大菅生
2010年 日大三 4 - 0 国学院久我山
2011年 関東一 2 - 0 帝京
2012年 安田学園 2 - 1 早稲田実
2013年 関東一 7x - 6 二松学舎大付 延長10回
2014年 東海大菅生 3 - 2 二松学舎大付
2015年 関東一 4 - 3 二松学舎大付
2016年 早稲田実 8x - 6 日大三
2017年 日大三 11 - 5 佼成学園
2018年 国士舘 4 - 3 東海大菅生
2019年 -
2020年 -
2021年 -

テレビ中継[編集]

J SPORTS及び東京都内のケーブルテレビで準決勝・決勝を中継。2015年はテレビでは開催日同日の夜に録画放送、動画配信サービス「J SPORTS オンデマンド」は、LIVE配信した[1]。2016年は東京都内のケーブルテレビでも決勝のみ生中継されたが、東京六大学野球秋季新人戦決勝(慶大VS法大)の試合が長引いたため、30分遅延された。J:COM、多摩ケーブルネットワークでは大会当日の夜にダイジェスト番組を放送する。

脚注[編集]