秋山信友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
凡例
秋山信友
Akiyama nobutomo.jpg
時代 戦国時代
生誕 大永7年(1527年
死没 天正3年11月21日1575年12月23日
別名 膳右衛門尉、伯耆守(通称)、晴近、虎繁(別名)
主君 武田信玄勝頼
氏族 秋山氏武田氏甲斐源氏
父母 父:秋山信任
兄弟 信友、信藤
正室:おつやの方織田信長の叔母)
養子:昌詮親久(共に土屋昌次の弟)
  

秋山 信友(あきやま のぶとも)は、戦国時代武将武田信玄武田勝頼の2代に仕えた重臣で、武田二十四将の一人でもある[1]

目次

生涯

信玄時代

大永7年(1527年)、武田氏の同族で甲斐源氏の流れを汲む秋山信任の息子として、甲斐躑躅ヶ崎館の屋敷内で生まれた。天文10年(1541年)元服し晴近と名乗る。

天文11年(1542年)の諏訪頼重攻めで初陣した。この頃は駒井高白斎の与力であったとも寄子であったとも言われる。天文16年(1547年)の伊奈福与城攻めで一番乗りの戦功を挙げた上、敵将の藤沢頼親を捕縛するという大手柄により、騎馬50騎の侍大将に任じられた。さらに木曽福島城攻めで戦功を挙げたため、伊奈郡代に抜擢され、相備えと合わせ250騎持の大将となる。

以後も各地を転戦し、高遠城飯田城大島城などの信濃伊奈方面の守備を任された。武勇だけではなく知略にも優れ、永禄10年(1567年)、信玄が織田信長と同盟を結ぼうとしたとき、多くの重臣が反対する中でひとりだけ信長と同盟を結ぶ利を説き、諸将を同意させたという。永禄11年(1568年)には織田信長の嫡男・織田信忠と信玄の4女・松姫との婚約成立に伴い、岐阜へ名代として赴いている。このとき、信長は信友を手厚く歓待したと言われている。

三河物語』によると、元亀4年(1573年)暮れ、東美濃に攻め入り岩村城を陥落させ、前城主・遠山景任の未亡人で信長の叔母に当たるおつやの方(岩村殿)を正室として迎えた。また岩村城に在城していた信長の5男・御坊丸(後の織田勝長)を保護して甲斐に送っている。その後、織田軍の攻撃により、生け捕りにされて討たれたと、長篠合戦以前のこととして掲載されている。

ただし、『甲陽軍鑑』では信玄存命中の天正元年(元亀4年)3月15日に落城させたとしている。『三河物語』では信玄出兵の際に東美濃出兵の記述はあるが、秋山の名前はなく、岩村の記述もない。『信長公記』では信玄存命中に岩村の記述はなく、勝頼時代に岩村口に侵攻、明智の城落城の記事がある。

このように、秋山信友の東美濃侵攻と岩村城攻防戦において、各書において記述が異なる。

勝頼時代

元亀4年(1573年)の信玄の死後は勝頼に仕え、天正2年(1574年)に勝頼が東美濃に攻め入る際にはこれに協力し、信玄時代と変わらず、武田氏の東美濃方面(対織田氏)の最前線を戦っていた。しかし天正3年(1575年)、長篠の戦いで武田軍が敗れるなど、武田方が劣勢になるに従い、岩村城は徐々に孤立する。織田信忠の軍が数度来襲してきたが、なお辛うじて持ちこたえていた。

最期

『信長公記』によると、天正3年(1575年)11月、織田信長は嫡男の信忠に命じ、大軍勢を率いて岩村城を包囲する。救援の見込みが無いと判断した信友は、信忠の提示した和議に応じて開城するが、直後に信忠は和議条件を破棄(信長の命による)、信友夫婦は捕らえられて長良川に連行され、そこで逆さ磔の極刑に処された。享年49。

信長はよほど(実の叔母による、信長の子供・織田勝長まで巻き込んだ)岩村城の無血開城・武田方への移籍が腹に据えかねていたらしく、信友夫婦だけではなく、信友配下の将兵も皆殺しにしたと伝わる。

脚注

  1. ^ 柴辻俊六は著書『信玄の戦略』(中公新書、2006)で「山梨県史」・「戦国遺文」に収められている文書から、正しい諱は虎繁と指摘している。

関連項目

小説
  • 鬼丸 智彦『城将―武田の忠臣・秋山信友の生涯』山梨日日新聞社出版部 (2005年)

今日は何の日(7月19日

もっと見る

「秋山信友」のQ&A