秋山光朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秋山光朝
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 文治元年(1185年
別名 太郎
主君 源頼朝
氏族 甲斐源氏秋山氏
父母 父:加賀美遠光
兄弟 光朝小笠原長清南部光行
加賀美光経、於曽光俊(経行)、大弐局
平重盛
光定、光季、経明、長信

秋山 光朝(あきやま みつとも)は、平安時代末期の武将秋山氏の祖。

甲斐源氏加賀美遠光の長男として誕生。秋山氏は甲斐国巨摩郡秋山村に光朝が居住して「秋山太郎」を名乗ったこと始まるとされる。治承4年(1180年4月源頼朝挙兵後、源義経の指揮下に加わり、屋島の戦い壇ノ浦の戦いに参加。西上遠征の途中、平重盛の娘を室に迎える。

平家滅亡後、鎌倉に加賀美一党の館を構え頼朝警護の役職に就くも、甲斐源氏の勢力拡大を恐れる頼朝に疎まれ謀反の罪で鎌倉において処刑された。

画像集[編集]