秋山宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

秋山 宏(あきやま ひろし[1] 1939年-2019年6月7日[2])は、日本の建築構造学者。 東京大学名誉教授[3][1]。専門は構造物耐震設計などで[2][3]地震入力と建物耐力を地震による入力エネルギーと建物の吸収エネルギーに対比させた事により成り立つ耐震設計法を確立。第48代日本建築学会会長[4][5]。2013年日本建築学会賞大賞[6][7][8]受賞。

略歴[編集]

1962年、東京大学工学部建築学科卒業。1964年同大学大学院修士課程修了後、1965年に博士課程を中退して東京大学助手に採用。1968~1970年、東京大学講師。1970~1991年、東京大学助教授。 1987年、日本建築学会賞(論文)受賞。1988 年に日本原子力学会賞(技術賞)を受賞。 1991~1999年、東京大学教授。溶接工学講座、建築構造学講座を担当。 1999年定年退官。その後日本大学理工学部・日本大学総合科学研究所教授に転任。

著書に『エネルギーの釣合に基づく建築物の耐震設計』[9][10]『建築物の耐震極限設計』[11][4][12][13]『鉄骨柱脚の耐震設計』[14][5]など[15]

脚注[編集]

  1. ^ 秋山 宏 - 東京大学”. stahl.arch.t.u-tokyo.ac.jp. 2019年11月30日閲覧。
  2. ^ 教授のひとりごと : 恩師との思い出 - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2019年11月30日閲覧。
  3. ^ ◆ 第56回研究会 概要”. eenix.gr.jp. 2019年11月30日閲覧。
  4. ^ xTECH(クロステック), 日経. “建築学会の新会長に秋山宏・日大教授” (日本語). 日経 xTECH(クロステック). 2019年11月30日閲覧。
  5. ^ 給排水設備、大規模修繕関連のメディア掲載・寄稿実績 | S&Aリニューアル設計">”. www.sa-renewal.co.jp. 2019年11月30日閲覧。
  6. ^ 秋山, 宏 (2013-08). “エネルギーの釣合いに基づく構造物の耐震設計法の確立と普及に対する功績(2013年日本建築学会大賞)”. 建築雑誌 (1648): 45. https://ci.nii.ac.jp/naid/110009635148. 
  7. ^ 2013年日本建築学会大賞に秋山宏 氏、仙田満 氏、原広司 氏2013年日本建築学会賞(作品)は該当作品なし。” (jp). 建築コンペ・イベント情報 --【KENCHIKU】. 2019年11月30日閲覧。
  8. ^ 東大建築士の よくわかる! 建築事典”. www.tgapps.jp. 2019年11月30日閲覧。
  9. ^ 『エネルギーの釣合に基づく建築物の耐震設計』|感想・レビュー” (日本語). 読書メーター. 2019年11月30日閲覧。
  10. ^ エネルギーの釣合に基づく建築物の耐震設計/秋...” (日本語). ヤフオク!. 2019年11月30日閲覧。
  11. ^ 建築物の耐震極限設計 本の通販/秋山宏の本の詳細情報 |本の通販 mibon 未来屋書店の本と雑誌の通販サイト【ポイント貯まる】” (日本語). mibon - 未来屋書店(イオングループ)の本の通販サイト. 2019年11月30日閲覧。
  12. ^ https://www.amazon.co.jp/%E5%BB%BA%E7%AF%89%E7%89%A9%E3%81%AE%E8%80%90%E9%9C%87%E6%A5%B5%E9%99%90%E8%A8%AD%E8%A8%88-%E7%A7%8B%E5%B1%B1-%E5%AE%8F/dp/4130601156
  13. ^ 建築物の耐震極限設計 (第2版)” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア. 2019年11月30日閲覧。
  14. ^ 鉄骨柱脚の耐震設計 / 秋山宏/著” (日本語). オンライン書店 e-hon. 2019年11月30日閲覧。
  15. ^ 秋山 宏 - 東京大学出版会”. www.utp.or.jp. 2019年11月30日閲覧。