秋山清仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋山 清仁 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム あきやま きよひと
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
大学 日本体育大学
生年月日 (1994-11-19) 1994年11月19日(24歳)
生誕地 東京都
身長 169 cm[1]
体重 58 kg[1]
自己ベスト
5000m 14分17秒73(2016年)[1]
10000m 28分55秒61(2016年)[1]
ハーフマラソン 1時間3分3秒(2016年)[1]
編集 テンプレートのヘルプを表示する

秋山 清仁 (あきやま きよひと、1994年11月19日 - ) は、東京都出身の陸上競技選手。順天高校[2]日本体育大学を経て、2019年現在[2]愛知製鋼に所属[1]。2017年時点で2年連続東京箱根駅伝6区の区間新記録者[3]

人物[編集]

日本体育大学時代は2016年より2年連続で東京箱根駅伝6区の区間新記録を樹立した[4][5]。2017年時点で6区での2年連続区間新記録達成は秋山で史上6人目である[3]

本人の弁によれは「技術以前に精神的なもので、下りを走るのがなぜか一番楽しい。気持ちが高ぶって元気になれる」と2017年1月3日第93回東京箱根駅伝でのインタビューに答えており、また高校時代の恩師に「下りに向いている」と言われたことをきっかけとして箱根駅伝6区走者に憧れを抱いたことに言及している[3]

自身が2017年に記録していた58分1秒の6区区間新記録は、2018年度(2019年)の第95回箱根駅伝において青山学院大学所属の小野田勇次が57分57秒を記録し更新された[6]

記録[編集]

脚注[編集]