秋山薊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秋山 薊二(あきやま けいじ、昭和22年(1947年) - )は、日本の社会学者、関東学院大学名誉教授。社会福祉援助技術ソーシャルワーク論を専門にしている。

来歴[編集]

ランバス大学(メジャー・社会学)卒業。1977年ダルハウジー大学大学院修士課程修了、MSW。弘前学院短期大学を経て関東学院大学文学部現代社会学科教授、文学部長(2007.4〜2012.3)、2017年4月より関東学院大学名誉教授。ジェネラル・ソーシャルワークの立場から、ソーシャルワークの基礎理論研究を行っている。

ソーシャルワーク統合化とジェネラル・ソーシャルワーク[編集]

社会福祉の実践方法であるソーシャルワークは、従来のケースワークグループワークコミュニティ・オーガニゼーションの三方法の分立から、一般システム理論ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ)の影響を受け、ピンカスとミナハン(1973年)、秋山の恩師であるハワード・ゴールドシュタイン(1973年)、スペクトとビッケリー(1977年)、生態学的アプローチのジャーメインら(1980年)の業績により、現在はソーシャルワーク方法の統合化=統合ソーシャルワークの思考を導くに至っている。ジェネラル・ソーシャルワークは、統合ソーシャルワークとほぼ同義である。一方でジェネラリスト・ソーシャルワークという用語も知られている。

秋山によれば①ジェネラル・ソーシャルワークとジェネラリスト・ソーシャルワークは基本的には同じ概念であること、②ジェネラルは方法の統合を、ジェネラリストは分野の統合を基本的に指向していること、③現在では分野統合を基本にしたジェネラリスト・ソーシャルワークが定着しているという。そこで太田義弘、秋山薊二が方法の統合化に焦点をあてる意図を込めてジェネラル・ソーシャルワークと呼んでいる。

エビデンス・ベイスド・ソーシャルワーク[編集]

秋山は2005年オックスフォード大学(Oxford University, Department of Social Policy and Intervention)の客員研究員であった際に、英語圏諸国で普及が始まったエビデンス(証拠)に基づく実践(EBP)の原理・方法に関して「Evidence-Basedソーシャルワークの理論と方法」(下記論文参照)と題する論文を著した。これはエビデンスに基づくソーシャルワーク(EBSW)の概念、原理とその体系的思考方法を初めて日本に導入した論文である。これを契機に、斯界ではEBPやEBSWの検討や是非などについて言及する議論が始まっている。

リジリエンスとソーシャルワーク[編集]

2012年6月、第29回日本ソーシャルワーク学会大会(大会テーマ:「リジリエンスによるソーシャルワーク論とその実践」)が関東学院大学金沢文庫キャンパスで開催された。その際秋山は大会長として、世界的に著名なリジリエンスの研究者、マイケル・ウンガー(Michael Ungar)をカナダ・ダルハウジー大学・リジリエンス研究センター(RRC:Resiliience Research Centre)より招聘し、ウンガ-が大会の主題講演を行った。リジリエンス概念の日本への導入に尽力している。なお、秋山もリジリエンス研究を行っており、リジリエンスに関する論文を発表している。

著書[編集]

  • 『ソーシャル・ワークーその過程』(太田義弘らとの共著)海声社(1984年)
  • 『ケースワーク』(共著)川島書店(1998年)
  • 『ジェネラル・ソーシャルワーク』(太田義弘らとの編著)光生館(1999年)
  • 『戦後社会福祉の総括と二一世紀への展望Ⅳ 実践方法と援助技術』(分担執筆) ドメス出版(2002年)
  • 『教育研究とエビデンス -国際的動向と日本の現状と課題』(分担執筆) 明石書店(2012年)

論文[編集]

  • 『ソーシャルワークの理論モデル再考──統合モデルの理論的背景、実践過程の特徴、今後の課題』、ソーシャルワーク研究、vol.21, No3、(1995年、相川書房)
  • 『ジェネラル・ソーシャルワークの基本的立場と方法』ソーシャルワーク研究vol.24, No1(1998年,相川書房)
  • 『社会構成主義とナラティブ・アプローチ-ソーシャルワークの視点から-』人文科学研究所報第27号(2004年,関東学院大学
  • 『Evidence-Basedソーシャルワークの理念と方法』ソーシャルワーク研究vol.31, No2(2005年,相川書房:下記の秋山研究室HP参照)
  • 「A comparison between Japanese and British research papers in key academic journals」International Social Work, 50(2), March 2007, pp.255-264(Ann BUCHANAN との共著).
  • 『エビデンスに基づくソーシャルワーク(EBP、EPS)に対する誤解の諸相-EBPの実相とPBR-』関東学院大学文学部紀要第112号(2008)、p73-88.
  • 『エビデンスに基づく実践(EBP)からエビデンス情報に基づく実践(EIP)へ-ソーシャルワーク(社会福祉実践)と教育実践に通底する視点から-』国立教育政策研究所紀要 第140集(2011.3)、p29-44. ほか
  • 「自然災害に見るコミュニティのリジリエンスとソーシャルワーク」関東学院大学人文学会紀要、2015年、第132号