秋庭豊とアローナイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋庭豊とアローナイツ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ムード歌謡
活動期間 1973年 -
レーベル ワーナーパイオニア
メンバー 木下あきら
旧メンバー 秋庭豊
山本厚
升沢義男
後藤直樹
小笠原有次郎

秋庭豊とアローナイツ(あきばゆたかとアローナイツ)は、かつて存在した日本のムード歌謡コーラスグループである。

概要[編集]

リーダーは秋庭豊。メンバー全員が北海道出身。元々は歌志内の炭坑夫として働きながらバンド活動を行なっていたが、後に札幌でクラブ歌手となる。同時期には細川たかしらがいた。

1973年(昭和48年)、自主制作盤として全て札幌を舞台とした『中の島ブルース』をリリース。2年後の1975年(昭和50年)、新たに大阪長崎を加えた『中の島ブルース』でメジャーデビュー。内山田洋とクール・ファイブとの競作として大ヒットした。その後数々のヒット曲を世に送り出したが1990年(平成2年)、リーダーの秋庭が44歳の若さで死去。その後はメンバーの入れ替わりがあり現在はボーカルの木下あきら1人で活動している。

木下は、2002年に森本英世、元「森雄二とサザンクロス」の菅野ゆたかと共に「ハッピー・サザンアロー」を結成した。

メンバー(結成時)[編集]

  • 秋庭豊(歌志内出身、1945年 - 1990年7月20日) - リーダー、ギター
  • 山本厚(歌志内出身、1948年 - ) - ベース
  • 升沢義男(歌志内出身、1948年 - ) - ドラムス
  • 後藤直樹(歌志内出身、1952年 - ) - パーカッション
  • 小笠原有次郎(旭川出身、1948年 - ) - オルガン
  • 木下あきら(赤平出身、1948年9月8日 - ) - ボーカル

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲
1970年代
1 1973年
-
A
中の島ブルース[1] 須田かつひろ 吉田佐 川上英一
B
渚の二人 平田満
2 1975年
7月
A
中の島ブルース[2] 斎藤保 吉田佐 竜崎孝路
B
ブルーナイトイン東京 松本隆 浜圭介 小谷充
3 1976年
1月
A
港です女です涙です 山口洋子 徳久広司 馬飼野俊一
B
あゝ北国 有馬三恵子 馬飼野俊一
4 1976年
7月
A
ぬれて大阪 山口洋子 徳久広司 竜崎孝路
B
片道切符の女
5 1976年
11月
A
たまらなく淋しくて たかたかし ノト・サトー
竜崎孝路
竜崎孝路
B
港神戸は泣いている 栗林雪男 天井正 馬飼野俊一
6 1977年
3月
A
東京の雨を札幌で 山口洋子 鈴木淳 竜崎孝路
B
盛り場みれん 吉法かずさ 馬飼野俊一
7 1977年
9月
A
献身 山口あかり 徳久広司 竜崎孝路
B
海峡 麻生香太郎 あかのたちお
8 1978年
6月
A
赤い夕陽に影を見た 関口宏 出門英 宮川泰
B
夏・女・一人
9 1978年
12月
A
ちどり足 門谷憲二 鈴木キサブロー 竜崎孝路
B
ひとり言 馬飼野俊一
10 1979年
7月
A
女・ひとり 千家和也 浜圭介 竜崎孝路
B
夜汽車で北へ
1980年代
11 1980年
3月
A
おれでよければ 四方章人 竜崎孝路
B
おれでよければ
(カラオケ)
- 四方章人
12 1980年
10月
A
あきらめないで たかたかし 徳久広司 竜崎孝路
B
逢いたかったよ 四方章人
13 1981年
11月
A
背中をかして 鈴木宗敏 竜崎孝路
B
雨に散る花 たかたかし 四方章人
14 1982年
7月
A
さだめ 四方章人 馬飼野俊一
B
大宮駅から乗る女 さいとう大三 四方章人
15 1983年
6月
A
流氷 松岡はじめ 聖川湧 神林早人
B
あなた恨んで 増よしお 伊藤ゆたか 竜崎孝路
16 1985年
5月21日
A
おもかげ
(悲しい微笑)
三佳令二 趙容弼 薗広昭
B
男の酒場 中山大三郎 美樹克彦 竜崎孝路
17 1986年
7月21日
A
新・中の島ブルース 荒木とよひさ 徳久広司 竜崎孝路
B
酔わせてよ 岡本おさみ 中村泰士
18 1988年
8月21日
A
港町挽歌 里村龍一 杉本真人 小杉仁三
B
酒場おんな町 中村典正
19 1989年
8月21日
A
最後にもう一度 里村龍一 中川博之 高田弘
B
おもかげ挽歌
1990年代
20 1990年
6月21日
A
誘惑 酒谷明良 中川博之 高田弘
B
1990年 岡田冨美子 吉屋潤
21 1991年
1月21日
A
ひとり札幌[3] 仁井谷俊也 秋浩二 高田弘
B
札幌物語 秋浩二
22 1992年
6月21日
A
六日町ブルース 白鳥鍵
山岸一二三
里村龍一
山岸之起 小杉仁三
B
六日町ブルース
(歌:森咲あゆみ)
-
23 1992年
8月21日
A
旅詩 里村龍一 浜圭介 桜庭伸幸
B
酒場の雨
24 1993年
9月21日
A
あなたを口説きたい 千家和也 幸耕平 桜庭伸幸
B
一度は愛したひとだもの
25 1994年
11月21日
A
ラ・サッポロ 星野哲郎 美樹克彦 高田弘
B
積丹岬 酒谷明良 中川博之 神保正明
26 1995年
11月22日
A
好きにしていいよ 星野哲郎 美樹克彦 高田弘
B
夢歌留多 峰崎林二郎 三村夏子 丸山雅仁
27 1997年
6月25日
A
あきらめてララバイ たきのえいじ 渡辺よしまさ 蔦将包
B
夢織り人
28 1999年
6月23日
A
札幌ラブ・ストーリー[4] 雨宮英子 望月吾郎 小杉仁三
B
女こころ雨
2000年代
29 2005年
7月21日
A
骨から泣きたい雪子です 新本創子 杉本眞人 南郷達也
B
夜霧のビギン
30 2008年
11月19日
A
君の生まれた夏
〜父からの手紙〜
高畠じゅん子 四方章人 斉藤功
B
倶楽部あめんぼ
2000年代
31 2010年
2月10日
A
紙風船 しいの乙吉 伊戸のりお
B
はこだて 猪股義周
32 2011年
4月27日
A
倶知安ブルース 峰崎林二郎 三浦丈明 猪股義周
B
ドナン哀歌 熊たけし
33 2014年
1月29日
A
男の弱さ 沢久美 杉本眞人 前田俊明
B
恋灯り
34 2016年
5月18日
A
情熱のダンス[5] 啓久 杉本眞人 佐藤和豊
B
今日の酒
35 2016年
11月23日
A
女こころ雨 雨宮英子 望月吾郎 牧野三朗
B
最後にもう一度 里村龍一 中川博之

脚注[編集]

  1. ^ 秋庭豊とシャネル・フォー名義。自主製作盤。
  2. ^ 全国盤。
  3. ^ 秋庭豊の遺作。
  4. ^ 篠路佳子とのデュエット。
  5. ^ すぎもとバンドとのデュエット。

関連項目[編集]