秋月りす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋月 りす
本名 非公開
生誕 (1957-09-16) 1957年9月16日(60歳)[1][2]
日本の旗 日本 福岡県[1]
国籍 日本
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画
代表作 OL進化論
受賞 第8回手塚治虫文化賞[3]
テンプレートを表示

秋月 りす(あきづき りす、1957年[1]9月16日[2] - )は、日本女性[1]漫画家福岡県生まれ[1]大阪府育ち[4]。「秋月りす」はペンネームで本名は非公開(「秋月」は福岡県朝倉市に実在する地域名である)。血液型A型[4]

概要[編集]

小学生の頃に家族と大阪府に移住した。妹がいる[5]

関西大学文学部[6]国文学科卒[7]。現在はインテリアコーディネータの夫と奈良県奈良市に在住する[4]。ただし、秋月には子供はいない[8]。ペットに猫の「みりん」(♀)と「ちび」(♂)がいて、エッセイ漫画に頻繁に登場していたが、「みりん」は21歳、「ちび」は18歳で他界。現在は「とらぴー」(♀)を飼っている。

1988年アフタヌーン四季賞にて『奥さま進化論』でデビュー。この時は既に30歳で既婚だった。OL、主婦を題材にした4コマ漫画を多く執筆。素朴で穏やかな作風だが、デビュー当初の彼女の作風は現在と多少異なっていた。当時、流行していた不条理系(いわゆる“毒”のある作品)の4コマを描こうと担当編集に相談した際に反対されたというエピソードもある。

それまで男性の多かった4コマ漫画に女性作家が増えた発端となった作家であり、日本の4コマ漫画シーンにおいて重要な存在で、2004年第8回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した[3]

作品リスト[編集]

  • OL進化論
    • OL進化論出張版 中年ポルカ(上記のスピンオフ作品)
    • 中間管理職刑事(同じくスピンオフ作品)
    • クリティカル進化論 OL進化論で学ぶ思考の技法(北大路書房
  • かしましハウス
  • ミドリさん あねさんBeat!!
  • OLちんたらポンちゃん
  • 奥さま進化論:『モーニングパーティー増刊』(講談社1988年 - 1990年、『モーニング』(同)1989年に掲載されたデビュー作。新婚家庭の奥様を取り巻く4コマ漫画で秋月ワールドの原点。単行本には描き下ろし作品が加えられると共に『そらまめ日記』が同時収録されている。
  • 奥様はインテリアデザイナー
  • おうちがいちばん:『まんがライフオリジナル』(竹書房)など、4コマ漫画雑誌に連載中。夫婦と2人の子供、会社の上司・同僚、祖父・祖母などが中心の漫画。家庭の話題の中で、日常の出来事を漫画にしている作品。
  • どーでもいいけど【不景気な暮らしの手帖】:『朝日新聞』木曜特集「ウィークエンド経済」に1992年4月から2001年3月まで連載。4コマ漫画。その時々の経済問題や話題をテーマにしていた。
  • おね〜ちゃんといっしょ
  • きょうびの料理:『きょうの料理』(NHK出版)に1995年4月号から1999年3月号まで連載。後に料理研究家・小林カツ代との共著『りすとカツ代のきょうびの料理』として角川書店より刊行された。内容は連載分に描き下ろしを追加した上で、漫画内容に合わせて小林がレシピを書き下ろしたもの。巻末に大島弓子による解説漫画が収録されている。2006年発行 ISBN 4048539582

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、11頁
  2. ^ a b 『どーでもいけど』の著者略歴より。
  3. ^ a b 虫ん坊2004年7月号
  4. ^ a b c 『りすとカツ代のきょうびの料理』の著者プロフィールより。
  5. ^ 『かしましハウス』単行本7巻の秋月の「あとがき」より。
  6. ^ 『クリティカル進化論 OL進化論で学ぶ思考の技法』著者紹介より。
  7. ^ 『奥さま進化論』付『そらまめ日記』より。
  8. ^ 『おうちがいちばん』単行本3巻の秋月の「あとがき」より。