秋物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みんなのうた
秋物語
歌手 尾崎紀世彦
作詞者 P.デラノエ、(日本語詞)山元清多
作曲者 G.ルノルマン
編曲者 篁ゆき
映像 アニメーション
映像制作者 古川タク
初放送月 1977年10月-11月(*1)
1984年10月-11月(*2)
再放送月 1987年10月-11月
1988年10月-11月
1990年10月-11月
1993年10月-11月
2006年10月-11月
2013年8月-9月(リクエスト、*1)
2011年4月-8月(スペシャル)
2018年10月 - 11月(リクエスト、*2)
テンプレートを表示

秋物語」(あきものがたり)は、NHKの歌番組『みんなのうた』で放送された楽曲[1][2]

概要[編集]

原曲はフランスの楽曲で、原題は“Gentil Dauphin Triste”(悲しきイルカ[3] 。作詞はP.デラノエ、作曲はG.ルノルマン、日本語詞は山元清多による。歌は尾崎紀世彦(『みんなのうた』初出演)、アニメーションは古川タクが担当[1][2]

歌詞の内容は、寂しがりの男の子をなぐさめていて、秋になっても南の国へ帰らず、凍え死んだお人好しのツバメを歌っている。原曲は、怖いサメの映画が流行ったせいで、さびれた夏の浜辺で、約束したのに君が来ない、とイルカが嘆く内容となっている[4]

1977年に初回放送された後も、何度も再放送されている。1984年にはステレオ放送用に再録音され、その後も引き続き放送される人気の高い曲である[5]2013年8月24日と同年9月24日には『みんなのうたリクエスト』で、モノラル版が尾崎逝去後では初の再放送。同番組では8月10日9月14日に、尾崎2曲目にして最後の出演となった時の歌『ふるさとの五月』も再放送された[6]。5年後の2018年10月26日11月23日にはステレオ版が同番組で放送される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b NHK みんなのうた - 秋物語 (1977年版) - 尾崎紀世彦
  2. ^ a b NHK みんなのうた - 秋物語 (1984年版) - 尾崎紀世彦
  3. ^ ジェラール・ルノルマンの日本盤EP「悲しきイルカ Gentil Dauphin Triste」 (1976年、Epic:06SP 151) - 「フランスでゴールドディスクを獲得」レコード・ジャケットに記載。
  4. ^ ジェラール・ルノルマンの日本盤LP『不思議な歌 DROLES DE CHANSONS』 (1976年、CBSソニー:25AP 370) - 添付の歌詞カードに「悲しきイルカ(#5)」歌詞対訳(マドモアゼル・マイティによる日本語)掲載。
  5. ^ NHKアーカイブス保存番組 - 「秋物語」検索結果一覧
  6. ^ 再放送決定 ! 「秋物語 (1977年版) (みんなのうた) 」 - 再放送のお知らせ「ふるさとの5月」「秋物語」