秋田園児殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋田園児殺害事件(あきたえんじさつがいじけん)とは、2006年10月23日秋田県大仙市で4歳の男子保育園児が他殺体となって発見された事件。加害者は実母(当時31歳)と交際相手(当時43歳)だった。

概略[編集]

事件当日[編集]

2006年10月23日

保育園に連絡を入れ、男児を休ませた(交際相手も、当日は勤務先を休んでいる)。
16時すぎ
大仙市内の道の駅で、二人がかりで、素手で男児の頭部・顔を殴打。瀕死の重傷を負わせた。
17時すぎ
自宅から、約400メートル離れた用水路に男児を放置(窒息により死亡)。
  • これは実母が一人で行った。
19時ごろ
付近の住民が、用水路でうつぶせに倒れている男児を発見した(警察及び付近住民に連絡していた)。

捜査[編集]

当初、実母は県警に対し

  • 23日17時ごろ、外出先から帰宅した。
  • 夕食の準備をしていた17時半ごろに、男児がいなくなった。

と説明していた。

県警は、事件・事故の両面で捜査を開始。

  • 頭部にこぶがあった。また、遺体には不自然な皮下出血があった。
  • 死因は、窒息死の疑いが強い。
  • 用水路の水深は、数センチしかない(浅いため、窒息死するのは不自然)。
  • 日没後に男児(4歳)が、自宅から約400メートル離れた用水路まで歩くのは不自然。

以上により、「事故ではなく、事件の疑いが強い」として捜査。容疑者として、実母と交際相手が浮かんだ。

動機・背景[編集]

動機
「(男児が)うるさい」、「言うことを聞かない」と供述。
道の駅に駐車中の車内において、実母と交際相手が性交渉を行おうとしたところ、男児が声を上げて反対したため、凶行に及んだ。
背景
加害者二人は、数年前から交際していた。
実母には同居の男性(内縁の夫)がいたが、彼は事件当時は建設作業の仕事で県外に出ており、実母は男児と二人暮らしだった。
  • 交際相手は、前日の22日から一緒にいた。

判決[編集]

実母は、一審(秋田地方裁判所)で殺人罪懲役14年の実刑判決を受けた。判決直後は控訴しない考えを示していたが、判決から8日後、仙台高等裁判所に控訴手続きを取った。

2007年8月27日秋田刑務所を通して、控訴を取り下げる文書を秋田地裁に提出していたことが判明した(懲役14年の刑が確定)。

問題点[編集]

虐待と中央児童相談所
秋田県の中央児童相談所が、虐待を把握したのは2004年7月。中央児童相談所は男児を「要保護扱い」にし、同日中に男児を実母の実家に引き取らせ、両者を引き離した。
しかし、その翌日には、実母も一緒に実家で暮らし始めていた。
  • このことを中央児童相談所が把握したのは二日後だった。その後も「母子二人にするのは駄目だ」などと実家を指導しただけで、二人を再び引き離すことはしなかったという。
中央児童相談所は、その後、事件まで一度も母子と面談していなかった。
所長は、「反省すべき点は多い」と、対応にミスがあったことを認めている。

関連項目[編集]