秋田県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗秋田県第2区
衆議院小選挙区 秋田県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 能代市大館市男鹿市鹿角市北秋田市潟上市鹿角郡北秋田郡山本郡南秋田郡
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 金田勝年
有権者数 264,112人
1.13 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

秋田県第2区(あきたけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

男鹿・南秋地区(現在の男鹿市・潟上市・南秋田郡)は2002年まで1区の一部であった。

歴史[編集]

農林水産大臣などを歴任した野呂田芳成が強固な地盤を築いていた選挙区である。野呂田は2005年郵政民営化法案に反対票を投じたことから同年の第44回衆議院議員総選挙で自民党の公認を得られず無所属で出馬することになるも、自民党公認の新人小野貴樹を約3万票差で下し議席を死守した。

野呂田は2008年1月、次の総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明。秋田2区の後継に、前年の参院選に秋田県選挙区から出馬して落選した金田勝年を指名した。しかし、野呂田の系列にあたる川口博民主社民国民新3党の支援を受けて無所属で出馬する意向を表明し、野呂田はこれに不快感を示した。2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、川口が秋田2区で当選し、金田は重複立候補していた比例東北ブロックで復活した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では金田が民主党に入党していた川口を破り当選し、川口は比例復活もならず落選した。

2014年第47回衆議院議員総選挙でも金田が再選を果たした。

2017年第48回衆議院議員総選挙では金田は希望の党から出馬した新人緑川貴士に肉薄されたが1,672票差でこれを振り切り当選。敗れた緑川は比例復活し初当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 野呂田芳成 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年 無所属
第45回衆議院議員総選挙 2009年 川口博
第46回衆議院議員総選挙 2012年 金田勝年 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:276,022人 最終投票率:60.12%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金田勝年68自由民主党74,835票
46.30%
――公明党
比当緑川貴士32希望の党73,163票
45.26%
97.77%
藤本友里38日本共産党13,642票
8.44%
18.23%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金田勝年65自由民主党82,046票
54.70%
――公明党
緑川貴士29民主党56,701票
37.80%
69.11%
藤本金治68日本共産党11,247票
7.50%
13.71%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:63.28%(前回比:-11.32ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
金田勝年63自由民主党91,747票
51.48%
――公明党
川口博65民主党57,392票
32.21%
62.55%国民新党
石田寛65社会民主党21,483票
12.06%
23.42%
佐藤邦靖57日本共産党7,581票
4.25%
8.26%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日 最終投票率:74.6%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川口博62無所属93,951票
42.66%
――×
比当金田勝年59自由民主党92,600票
42.04%
98.56%
山本喜代宏53社会民主党23,719票
10.77%
25.25%
佐々木重人39みんなの党8,645票
3.92%
9.20%
藤原純一58幸福実現党1,342票
0.61%
1.43%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野呂田芳成75無所属80,974票
37.61%
――×
小野貴樹34自由民主党53,555票
24.88%
66.14%
佐々木重人35民主党45,020票
20.91%
55.60%
山本喜代宏49社会民主党28,131票
13.07%
34.74%
藤本金治59日本共産党7,606票
3.53%
9.39%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野呂田芳成74自由民主党109,296票
53.65%
――
佐々木重人33民主党55,969票
27.47%
51.21%
比当山本喜代宏47社会民主党27,624票
13.56%
25.27%
明石喜進62日本共産党10,838票
5.32%
9.92%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野呂田芳成70自由民主党89,428票
54.30%
――
畠山健治郎65社会民主党49,443票
30.02%
55.29%
菊地時子49日本共産党13,090票
7.95%
14.64%
工藤富裕47自由党12,736票
7.73%
14.24%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
野呂田芳成66自由民主党86,677票
54.94%
――
比当畠山健治郎62社会民主党54,131票
34.31%
62.45%
工藤良一69日本共産党11,172票
7.08%
12.89%
三浦卓60自由連合5,774票
3.66%
6.66%

脚注[編集]

関連項目[編集]