秋田県道197号木戸石鷹巣線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
秋田県道197号標識
秋田県道197号 木戸石鷹巣線
きどいし・たかのすせん
総延長 5.2 km
実延長 5.2 km
制定年 1967年
開通年 未調査
起点 北秋田市木戸石字上ノ山
秋田県道3号二ツ井森吉線交点
終点 北秋田市脇神字佐助岱
緑ヶ丘交差点
秋田県道325号大館能代空港西線交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道3号標識
秋田県道3号二ツ井森吉線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道325号標識
秋田県道325号大館能代空港西線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

秋田県道197号木戸石鷹巣線(あきたけんどう197ごう きどいしたかのすせん)は、秋田県北秋田市を通る一般県道である[1]

概要[編集]

北秋田市木戸石から路線が始まり秋田県道3号二ツ井森吉線を交差後に大野台ゴルフクラブの東側を通り、秋田県道325号大館能代空港西線には側道を通って合流する。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1967年(昭和42年)3月11日 - 秋田県道に認定される[3]
  • 2004年(平成16年)1月9日 - 終点を北秋田郡鷹巣町脇神字館下1番3地先から北秋田郡鷹巣町脇神字佐助岱38番2に変更し[4]、鷹巣町脇神字館下4番5地先-館下1番3地先まで県道325号重複区間の認定を解除する。
  • 2013年(平成25年)2月1日 - 県道3号のバイパス工事が完了したことにともない、当県道の起点の位置を県道3号バイパスの交点(北秋田市木戸石字上ノ山110番4地先)に変更する[5]

路線状況[編集]

冬期閉鎖区間[編集]

交通不能区間[編集]

地理[編集]

当県道は名称の通り、当初は木戸石から秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線 小ヶ田駅付近を通って鷹巣[8]までのびる路線だったが、県道325号認定と同時に終点を脇神字館下(小ヶ田駅近郊)に変更し、さらに県道325号の建設中に伊勢堂岱遺跡が発見され、県道325号の経路を急きょ小ヶ田駅経由に変更したため、当県道もそれにともない終点の位置が県道325号合流地点に変更された[4]

終点で接続する県道325号のバイパス道路鷹巣西道路日本海沿岸東北自動車道として2012年度から事業化され[9]、終点の緑ヶ丘交差点がインターチェンジになる見込みである[10]

交差する道路[編集]

施設名 接続路線名 備考 所在地
秋田県道3号二ツ井森吉線 起点 北秋田市木戸石字上ノ山
緑ヶ丘交差点 秋田県道325号大館能代空港西線 終点
鷹巣西道路 緑ヶ丘IC予定
北秋田市脇神字佐助岱

沿線の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ a b c 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 2
  3. ^ a b c 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 12
  4. ^ a b c 公報第1536号 (PDF)”. 告示第18号. 秋田県 (2004年1月9日). 2013年10月10日閲覧。
  5. ^ 公報第2459号 (PDF)”. 告示第37号. 秋田県 (2013年2月1日). 2014年2月28日閲覧。
  6. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  7. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  8. ^ 県道の認定時は北秋田市鷹巣中央公園付近が終点であった。
  9. ^ 記者発表資料(能代河川国道事務所) (PDF)
  10. ^ 「二ツ井今泉道路」・「鷹巣西道路」の 中心杭設置式を開催します - 能代河川国道事務所(2012年8月22日) (PDF)

参考文献[編集]

関連項目[編集]