秋田県道247号相内潟潟野線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
秋田県道247号標識
秋田県道247号 相内潟潟野線
あいないがた・かたのせん
総延長 5.2 km(単独区間)
実延長 5.2 km
制定年 1959年
開通年 未調査
起点 仙北市西木町下桧木内字相内潟(文献上)
仙北市西木町桧木内字相内潟(現状)
秋田県道38号田沢湖西木線交点
終点 仙北市西木町西明寺字松木台
国道105号交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道38号標識
秋田県道38号田沢湖西木線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道60号標識
秋田県道60号田沢湖畔線
国道105号標識国道105号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

秋田県道247号相内潟潟野線(あきたけんどう247ごう あいないがたかたのせん)は、秋田県仙北市を通る一般県道である[1]

概要[編集]

秋田県道38号田沢湖西木線から直通し、田沢湖の西側湖畔を通り、仙北市西木町西明寺字潟尻で秋田県道60号田沢湖畔線に接続し、以後は県道60号との重複区間で、潟尻川沿いに国道105号交点に至る。一部区間が田沢湖有料道路だったが、1992年4月1日に無料開放された。

路線データ[編集]

  • 総延長:5.190 km(重複区間は含まず単独区間の距離)[2]
  • 実延長 : 5.190 km[2]
  • 起点 : 秋田県仙北市西木町下桧木内字相内潟18番1(文献上)[3]/ 仙北市西木町桧木内字相内潟18番1(現状)[4]秋田県道38号田沢湖西木線交点)地図
  • 終点 : 秋田県仙北市西木町西明寺字松木台114番4(国道105号交点)[3]地図
  • 未供用区間 : なし[2]

歴史[編集]

1992年3月31日まで秋田県道60号田沢湖畔線と当県道は田沢湖有料道路であった。[要出典]

年表[編集]

  • 1959年(昭和34年)2月17日 - 秋田県道に認定される[3]
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 当県道と県道60号区間が無料開放される。

路線状況[編集]

冬期閉鎖区間[編集]

交通不能区間[編集]

田沢湖を周回する路線[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

交差する道路[編集]

施設名 接続路線名 備考 所在地
秋田県道38号田沢湖西木線 起点 仙北市西木町桧木内字相内潟[4]
秋田県道60号田沢湖畔線 仙北市西木町西明寺字潟尻地図
国道105号 終点
県道60号起点
仙北市西木町西明寺字松木台

沿線の施設など[編集]

たつこ姫像
  • 田沢湖
  • たつこ姫像(三湖伝説に登場する辰子姫の像)
  • 潟前山森林公園
  • 山の幸資料館

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ a b c d 建設部道路課(道路現況) 2015, p. 11〔現況には重複距離が明記されておらず総延長は不明である。〕
  3. ^ a b c d 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 14
  4. ^ a b 仙北郡西木村 - 日本郵便〔西木町下桧木内は西木村仙北市に合併した時に住所表記が西木町桧木内に変更になっているので、文献の誤りである。〕
  5. ^ 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。
  6. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年11月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]