秋神温泉・氷点下の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋神温泉・氷点下の森(あきがみおんせん ひょうてんかのもり)は、岐阜県にある観光名所。

概要[編集]

  • 小林繁が氷点下16度近くまで凍てつく森で、冬枯れの木々に水を散布し、高山市胡桃島の秋神温泉で1971年1月に氷点下の森を誕生させた。
  • 毎年1月 - 3月にライトアップされる。
  • 毎年2月第2土曜日には、「氷祭り」が開催される。

略歴[編集]

  • 昭和45年(1970年):氷製作の準備を開始。
  • 昭和46年(1971年):名称を『氷の森』と発表。
  • 昭和51年(1976年):第1回雪山の祭り「第1回氷祭り」を開催。
  • 昭和57年(1982年):第7回氷点下の森氷祭りを開催[注釈 1]
  • 昭和58年(1983年)2月:大村崑より、小林繁が「氷の王様」と命名される。

注釈[編集]

  1. ^ 今回、雪女の祭りの名称から氷点下の森氷祭りに変更