秋竜山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋 竜山
本名 秋山 好文[1]
生誕 (1942-03-13) 1942年3月13日(77歳)
日本の旗 日本静岡県伊東市
職業 漫画家
活動期間 1966年 -
ジャンル ナンセンス漫画
受賞 日本漫画家協会賞文部科学大臣賞
テンプレートを表示

秋 竜山(あき りゅうざん、1942年3月13日 - 、本名:秋山好文[1])は、日本の漫画家ナンセンス漫画の嚆矢として知られる[1]

略歴[編集]

1942年、静岡県伊東市の漁師の家に長男として産まれる[2]

伊東市立対島中学校卒業後、家業の漁師を継ぎ[2][3]、のち郵便局に勤務しつつ漫画を描く[3]

1965年に『別冊週刊漫画TIMES』に投稿した作品が掲載されたのを機に、翌1966年に上京[3][4]。新聞や雑誌の四コマ漫画、一コマ漫画で人気を集める[3]

1969年頃より、相模原市に在住[3]

2016年にはミレーモネピカソドラクロワといった画家の作品をパロディー漫画にした作品展を開催している[1]

作風[編集]

「漫画は笑えなければ意味がない」とし、人間の滑稽さを題材にしたナンセンス漫画を作風とする[3]

孤島一コマ漫画(無人島一コマ漫画)を得意とし、千点達成後に作品集を刊行している(『秋竜山のロビンソンクルーソー―秋竜山孤島漫画1000点より』 (1978年)、『おーいたすけてくれ―秋竜山の無人島まんが1000展』4巻(1981))。

また、福祉をテーマにした漫画を描くなど創作活動は多岐にわたっている[3]

賞歴[編集]

  • 第16回(1970年度)小学館漫画賞[4](『ギャグおじさん』『親バカ天国』)
  • 第21回(1975年度)文芸春秋漫画賞[4](『Oh!☆ジャリーズ』『ノッホホン氏』)
  • 第17回(1988年度)日本漫画家協会賞選考委員特別賞[4](『みんないいひと』)
  • 第35回(2006年度)日本漫画家協会賞大賞[4](『秋竜山マンガ通信』)
  • 第45回(2016年度)日本漫画家協会賞文部科学大臣賞(これまで発表したすべての作品に対し)[3][5]

作品リスト[編集]

  • おーい たすけてくれ
  • すってんころりん
  • ノッホホン氏
  • ウーン ウーン
  • キラキラおやじ
  • あっぱれサン

著書[編集]

  • 『竜山のふざけた世界』(サンコミック)朝日ソノラマ, 1970
  • 『笑わせる天才たち 憂き世は屁でとばせ』(ベストセラーコミックス)ベストセラーズ, 1970
  • 『馬鹿ばっかり 気持ちがラクになる本』 (Big bird comics)ベストブック社, 1975
  • 『秋竜山の1千枚』東京スポーツ新聞社, 1976
  • 『秋竜山のロビンソンクルーソー 秋竜山孤島漫画1000点より』大陸書房, 1978
  • 『ノッホホン氏』全3巻 大陸書房, 1980
  • 『利口と馬鹿ばっかり』三月書房, 1980
  • 『秋竜山の釣れづれ記』大陸書房, 1980
  • 『おーいたすけてくれ 秋竜山の無人島まんが1000展』part 1-4 旺文社文庫 1981
  • 『はみだし教師すってんころりん青春記』関野俊二共著. コンパニオン出版, 1982
  • 『笑いの真っ只中』コンパニオン出版, 1982
  • 『アッ!!というまの出来事 珍日本最初の日』ダイナミックセラーズ, 1982
  • 『となりの他人 現代住居考現学』実業之日本社, 1983
  • 『竜山の「この世は漫画だ」』現代書林, 1984
  • 『秋竜山の読書狂』文・絵. 青英舎, 1985
  • 『楽しみながら読む日本国憲法』実業之日本社, 1985
  • 『ぼくの純情フラフラ東京』みずうみ書房, 1987
  • 『秋竜山の江戸川柳と一勝負』池田書店, 1988
  • 『秋竜山のすってんころりん劇場』朝日新聞社, 1988
  • 『熊さん八っあんこれがありがてェー般若心経だよ!!』海風社, 1988
  • 『人間に生まれてよかった ほのぼの人間ノート』 (ダルマブックス) 佼成出版社, 1988
  • 『本屋で雨宿り』立風書房, 1988
  • 『楽天病院食っちゃ寝』保健同人社, 1990
  • 『漫筆・差別観賞 上からの笑い、下からの笑い』明石書店, 1990
  • 『すってんころりん文章劇場』朝日新聞社, 1990
  • 『どっち向いてんの? 森歩人グリグリ・グリーン氏の101日』経済往来社, 1991
  • 『おとぼけ読書絵日記』六興出版, 1991
  • 『深海魚の涙 うれし恥ずかし、母の追想・四十六話』佼成出版社, 1993
  • 『そうずら君』no.1-2 (Miku books) 三空出版, 1994-95
  • 『風もないのに世の中まわる 二人三脚お笑い競作』春風亭柳昇 短歌, 明窓出版, 1994
  • 『まんが奥の細道』(Ribunコミック)里文出版, 1994
  • 『サウルスのスクランブルド・エッグス 超珍化論』 (Miku books 三空出版, 1994
  • 『禅語十三夜 :公案コミック』地人館, 1995
  • 『無人島の快楽 もう会社なんかやめてやる』清流出版, 1995
  • 『今日は誰かの誕生日 漫画と滑稽短歌』春風亭柳昇 文, 立風書房, 1996
  • 『ふりむけばエッセイ』明窓出版, 1997
  • 『竜山漫録 秋竜山の読書絵日記』1-2 北宋社, 1998

関連項目[編集]

  • 筒井康隆 - 「秋竜山讃」を執筆している。『筒井康隆全集17 七瀬ふたたび メタモルフォセス群島』(新潮社1984年)収録

出典[編集]