秋葉原ヤング電気館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

秋葉原ヤング電気館』(あきはばらヤングでんきかん)は、ニッポン放送の『井手功二LFクールKゲルゲットショッキングセンター』内で放送されていた[いつ?]情報番組である。九十九電機の一社提供。

概要[編集]

Microsoft Windows 95の発売で起こった日本のパソコンブームを背景とする番組で、千葉麗子が「館長」、加藤賢崇が「店員」という名のパーソナリティを務めていた。放送時間は、番組の「中2階ゲストフロアー」に登場するゲストからのプレゼントに対する[要説明]「ゲルゲビンゴ」が終了した後の23時25分頃。

番組は、パソコンや秋葉原関連の最新ニュースを伝えていた。番組のテーマ曲は「ボンジュール・アキヤン・ワールド」というオリジナル曲で、パーソナリティの千葉自らが歌唱を担当。この曲は、ソフマップのテーマ曲「ハロー・ソフマップ・ワールド」を意識して制作された[要出典]。エンディングは商業施設の閉店見立て[要説明]、「蛍の光」とともにテキストリーダーによるウェブサイトの紹介[どこ?]が流れた後、前述のテーマ曲に切り替わって番組終了という流れだった。だが、このテキストリーダーは母語話者風の発音で読み上げていたため、英語を聞き慣れていないとURLが分からないという問題があり、番組後期には加藤が読む方式に改められた。

一時期[いつ?]北海道放送中部日本放送でも放送(番組販売)されていた[要出典]