秋谷陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あきたに ようこ
秋谷 陽子
本名 鎌田 陽子
生年月日 (1957-01-28) 1957年1月28日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都豊島区池袋
身長 162 cm[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
主な作品
テレビドラマ
華やかな荒野
宇宙からのメッセージ・銀河大戦
映画
としごろ
ときめき

秋谷 陽子(あきたに ようこ、1957年1月28日[2][1][3] - )は、日本女優。本名、鎌田 陽子[1](旧姓名、秋谷 陽子あきや ようこ[2][4])。

東京都[2]豊島区池袋出身[4]堀越高等学校卒業[2][1][3]三船プロダクション[2]を経て、MC企画に所属していた[1]

来歴・人物[編集]

高校在学中だった1972年に第12回ミス・エールフランスに選ばれ、翌年(1973年松竹と専属契約を結ぶ[4][5]。同年、井上梅次監督『男じゃないか 闘志満々』に森田健作の相手役でデビュー[4]。『としごろ』『ときめき』では主演を務め、『恋は放課後』などで助演して売り出すが、その後の企画に恵まれず、仕事の場をテレビへと移す[4]。テレビドラマでは、『元禄太平記』(NHK)、『華やかな荒野』(TBS)、『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』(テレビ朝日)などに出演した[4]

母と兄の三人暮らしの家庭環境で、堀越高等学校を卒業[3]。在学時にはあいざき進也浅野まゆみが同級生で、フォークギターの弾き語りが得意だった[6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 六月の雨(小椋佳) - ナレーション

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、416頁。ISBN 978-4990124229。
  2. ^ a b c d e 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、233頁。
  3. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、19頁。ISBN 978-4-8169-1852-0。
  4. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典 女優篇<上巻>』 キネマ旬報社1995年、43頁。ISBN 4-87376-140-9。
  5. ^ a b 1974年12月4日 毎日新聞東京本社朝刊ラテ欄
  6. ^ 1974年12月10日 毎日新聞大阪本社朝刊ラテ欄