秋野孝道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

秋野 孝道(あきの こうどう、1858年5月30日安政5年4月18日) - 1934年昭和9年)2月20日)は、日本の仏教学者曹洞宗僧侶。曹洞宗大学(現・駒澤大学)学長。總持寺貫首、曹洞宗管長。別名=大忍。黙照円通禅師。

来歴[編集]

1858年(安政5年)、遠江国相良(現・静岡県牧之原市)に秋野新七の三男として生まれる。静岡・長興寺で出家し、1872年明治5年)伊藤慶道について得度。曹洞宗大学専門本校(のち駒澤大学)卒業。

1880年兄弟子の加藤玄裔に嗣法。西有穆山に師事し「正法眼蔵」を研究。總持寺天徳寺大洞院を経て、1892年(明治25年)曹洞宗大学林学監、1900年教頭、1902年総監となる。1905年永平寺の後堂・眼蔵会講師を務めた。1909年(明治42年)母校・曹洞宗大学(のち駒澤大学)学長に就任。

1916年大正5年)静岡県袋井可睡斎寺主、のち総持寺西堂、小田原・最乗寺寺主などを経て、1929年昭和4年)總持寺貫首、翌1930年曹洞宗管長。晩年、東京帝国大学で「正法眼蔵」の特別講座を開催。

著書に「禅宗綱要」「正法眼蔵講話」「五位要訣」「従容録講話」「黙照円通禅師語録」など。

1934年(昭和9年)2月20日に遷化。77歳[1][2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本人名大辞典. “秋野孝道”. 2019年11月20日閲覧。
  2. ^ 20世紀日本人名事典. “秋野孝道”. 2019年11月20日閲覧。
先代:
曹洞宗管長
代:1930年-
次代:
先代:
總持寺貫首
1929年-
次代:
先代:
山腰天鏡
曹洞宗大学(駒澤大学)学長
第6代:1909年 - 1918年
次代:
丘宗潭