秘録怪猫伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秘録怪猫伝
監督 田中徳三
脚本 浅井昭三郎
出演者 本郷功次郎
小林直美
亀井光代
戸浦六宏
音楽 渡辺宙明
撮影 今井ひろし
編集 山田弘
製作会社 大映
配給 大映
公開 1969年12月20日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

秘録怪猫伝』(ひろくかいびょうでん)とは、1969年12月20日に劇場公開された大映製作の映画作品。田中徳三監督作。

概要[編集]

カラーワイド作品唯一の本格化け猫映画[1]。たま役のネコは公募され、最終選考に残った60匹の中から選ばれた[1]

公開直前、この映画に出演した毛利郁子12月14日に愛人刺殺事件を犯して逮捕された。

あらすじ[編集]

小夜の美しさに心を奪われていた鍋島丹後守は小夜の兄である又七郎を惨殺。小夜は復讐を愛猫に託し自害。その夜から城内には怪奇な出来事が発生する。

登場人物[編集]

同時上映[編集]

眠狂四郎 卍斬り

脚注[編集]

  1. ^ a b 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、208頁。ISBN 4766927060。