秦公春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秦公春
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 仁平2年1月19日1152年2月26日
官位 左近衛府生
主君 近衛天皇
藤原頼長
氏族 忌寸
父母 父:秦武則
助安、信光
テンプレートを表示

秦 公春(はた の きみはる)は、平安時代末期の官人。秦武則の子。官職左近衛府生左大臣藤原頼長随身で、頼長の男色の相手として知られる。

経歴[編集]

天養2年(1145年)、召使国貞なる者の殺害犯人が赦免されたことに怒った頼長は、公春をしてこの犯人を密かに殺害させた。また公春は糖尿病を患っており、頼長はたびたび平癒祈願の仏事を行っている。しかし甲斐なく公春が死去すると、頼長は3ヶ月にわたって公事を休み、その評判を落とした。