秦大魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
秦大魚
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下下野守
主君 聖武天皇
氏族 秦前忌寸→忌寸
父母 父:秦広庭
首麻呂、真成、壹岐宅麻呂母
テンプレートを表示

秦 大魚(はた の おおな)は、奈良時代官人氏姓は秦前忌寸のち忌寸大花上秦河勝の曾孫で、従七位下・秦広庭の子とする系図がある[1]官位従五位下下野守

経歴[編集]

天平2年(730年従七位下尾張少目であったとの記録がある。天平12年(740年正六位上から従五位下に昇叙され、のち翌天平13年(741年三河守、天平18年(746年下野守と、聖武朝において地方官を歴任した。

続日本紀』の記述では、大魚の氏姓は三河守任官時は秦前(忌寸)[2]であるが、下野守任官の際は秦(忌寸)となっており、この間に改姓したものと考えられる。

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:秦広庭[1]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:秦首麻呂[1]
    • 男子:秦真成[1]
    • 女子:壹岐宅麻呂の母

万葉集』にある壹岐宅麻呂(雪連宅滿)の母は大魚の娘といわれ、ともに九州北部地方を本拠地として東へと活動の範囲を広げていき、山城国松尾大社氏神を祀った秦氏と、これに南接する地に壱岐月読を祀った壱岐氏(伊吉連)の縁を窺い知るものである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 鈴木真年『諸系譜』第10冊,秦公姓
  2. ^ 『続日本紀』天平13年12月10日条では、である「忌寸」の表記はないが、『尾張国正税帳』天平2年の記事に「秦前忌寸大魚」との表記があることから、天平13年時点も姓は「忌寸」であったと考えられる。
  3. ^ 『尾張国正税帳』天平2年12月

参考文献[編集]

  • 宇治谷孟『続日本紀』(上中巻)講談社学術文庫、1995年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年