秦泉寺豊後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
秦泉寺豊後
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
官位 豊後守
主君 長宗我部元親
氏族 秦泉寺氏
父母 父:秦泉寺掃部

秦泉寺 豊後(じんせんじ ぶんご)は、戦国時代武将長宗我部氏の家臣。名は秦惟と伝わる[要出典]

略歴[編集]

秦泉寺氏は土佐国の小豪族。戦国期は本山氏の傘下にあったが、豊後の父・掃部の代に長宗我部国親に降伏し配下となっていた。

秦泉寺掃部の子として誕生。国親の嫡男・長宗我部元親兵法を教え、元親の初陣である永禄3年(1560年)の長浜の戦いの際、槍の使い方を教えたと伝わる。しかし、のちに元親に対し謀反を企てたとして元親の命令を受けた中島親吉に父子共に誅された。